lisz-works

技術系だけど関係ないこと多い系ブログ

見ない写真は捨てたのと同じ。自動で表示させたら便利では?

【スポンサーリンク】

カメラを持つ女性

その写真、埋もれてませんか?

現代人はみな、やたらと写真を撮りたがりますよね。

なんでもかんでも写真。

思い出も記念も写真、写真、写真。

……その写真、埋もれてませんか?

なんでも写真、とりあえず写真

なんでもかんでも「とりあえず写真」が現代の姿ですよね。

旅行に行ったら写真。

何かを見るのもOKなら写真・動画。

かく言うぼくも、その1人ではありますが……

でも、その写真埋もれてませんか?

取って満足してませんか?

見ないものは使わないものと同じ

昨今「断捨離」や「ミニマリスト」なんて、よく耳にするワードとなりました。

これらは要約すると「必要なものを置き、不要なものを排除する」ことで、人生を便利にするという行動です。

かと言って、写真が不要とは思いません。

だって撮るし。思い出だし。残しときたいし。

でもその思い出をタンスやフォルダの奥深くにしまったまま、忘れ去られたら……

忘れることは「存在しないこと」。

存在しないことは「捨て去った」と同義ではないでしょうか?

写真や画像のデメリット

写真のデメリットは、物体を取り出すのが面倒なことです。

アルバムに入れて管理などしますよね?

でもそのアルバムを作って満足してしまい、取り出して見るまでには至らず、タンスの肥やし……

なんてよくある光景かと思います。

一方、画像ファイルは物体ではありません。

なので、取り出すのはある意味容易なんです。

しかし基本的に、アルバムアプリや、フォルダ整理などで管理するので、結局実物のアルバムと変わらず「見るまでが面倒くさい」代物なのです。

現に昔PCに保存した写真データや画像ファイルは、いくつもフォルダに眠っている状態……

なんてよくある光景ではないでしょうか?

GoogleフォトやFacebookが素晴らしいと感じた

ぼくはGoogleフォトにバックアップをアップロードしています。
Facebookには、ライフログ的にたまーにアップしたりします。

そこで「これはいいな」と思った機能が

以前の同日にアップした写真などを「この日にこんなことがあったよ!」と通知してくれる仕組みです。

これによって、昔の写真を見る機会が発生します。

Google フォト - たくさんの写真や動画を無料で保管
Google フォト - たくさんの写真や動画を無料で保管
開発元:Google, Inc.
無料
posted with アプリーチ
Facebook
Facebook
開発元:Facebook, Inc.
無料
posted with アプリーチ

またGoogleフォトは、オリジナル画質でなければ容量無制限なので、スマホのデータ容量も削減できてうれしい!

無制限用の画質でも、気になったことないレベルに良いので、オススメです。

アップロードしてしまえば、ネット上で見れる為、スマホでもPCでも同じように写真を見たりすることができるので、色々と楽ですよ!

デジタルフォトフレームもいいかもしれない

デジタルフォトフレームは、入れておいた画像データを表示する、その名の通り「デジタル版写真たて」です。

これには「ランダム再生機能」を持ったものがあります。

例えば各旅行や記念日ごとに、お気に入りの写真を何枚かピックアップして入れて置けば……

「たまたま写真を目にする」機会が発生します。

そうするとその時のことを思い出しますよね!

これはすなわち、写真本来の機能を自動で生成してくれる装置となります。

あとがき

いかがでしたでしょうか?

試しにGoogleフォトのようなアプリや、デジタルフォトフレームなど、試しに買ってみるのはいかがでしょうか?

デジタルフォトフレームの場合、2人以上で暮らす方なんかは、ふと出てきた写真で思い出話に花咲く……なんてこともあるかもしれませんしね!