lisz-works

技術系だけど関係ないこと多い系ブログ

欲求は●●してやり過ごせ!たった1つの簡単な方法でついやってしまうを回避!

【スポンサーリンク】

つい……

ふと、「おやつ食べたい」と思い、ついつい間食してしまうことありませんか?
ふと、「あ、これやろ」と思い、時間を浪費してしまうことありませんか?

「ついつい」なこれらの欲求を、たった1つの簡単な方法で回避できちゃうかもしれません!

パッと見「自分がやりたいと思ったからやったんだ」という風に見えますが……

違うかもしれませんよ?

行動のトリガー

コレ「やろう」という欲求、実は「ふと思った」のではなく、「関連する何か」を目にしていませんか?

人間は何かのトリガーがあると、「何かをしよう」と思ってしまいます。
例えば「ついつい間食してしまう」としましょう。

これにはおおまかに、2種類のトリガーがあると思います。

  1. お腹が減る等、「何か食べたい」と考えたから
  2. おやつ等の食べ物が目に入ったから

純粋に「何か食べたい」と考えたは、わかりますよね。
腹減った→食べたい。これは当たり前ですね(笑)

だからある意味仕方がない。

でも問題は次です。

「目に入ったから」はどうでしょうか?

別に食べる気もなかったし、「何か食べよう」と思って行動してた訳ではないのに、近くにあったおやつを「つい」食べてしまったりしたことはないですか?

簡単に現れて、引かれるトリガー

人間のトリガーは簡単に現れます。

それは「なにかを見ること」です。

  1. 机の上のおやつを見る
  2. 見ることで「食べたいな」という欲求が出てくる
  3. つい食べてしまう

なんて流れになっていませんか?

わいてしまった欲求を抑えるのは、割と大変ですし、押さえつけはストレスにも繋がりますよね。
無理に我慢して、それが募ると、のちのち爆発……なんてこともあり得ますし。

「つい」を抑止する簡単な方法

ではどうしたら、この「つい」が回避できる?

答えは簡単!

目に入らないように隠すこと

流れで見てたらそのままですよね(笑)

人間、不思議……というかアホなもので、ちょっと隠すだけで、「それをしたい」と思う率が減ります。

なので、つい無駄な事をしてしまい時間を浪費してしまうという場合、ついやってしまうものを隠すだけで、やる率が下がるかもしれませんよ?!

三大欲求である食べ物ですら、そうなるということは……効果は大きいんじゃないでしょうか?

ダイエットをしていて、間食をしたくないアナタ。
まずは目に入る領域から、食べ物をなくしてみてはいかがでしょうか?

日々忙しくて、つい何かをしてしまうアナタ。
つい興味関心が向いてしまう事柄を、しまってみてはいかがでしょうか?

ついアプリで遊んでしまうアナタ。
ホーム画面からそのアプリを消したり、なかなかアクセスできない場所にアプリを移動してみてはいかがでしょうか?

こんなチープな方法で、アナタの毎日が少し変わるかもしれませんよ!?

実際のところ

そうはいっても実際のところどうなのよ。

というところですが……

ぼくは、おやつ関連は自室もオフィスも、目に入るところから排除しています。
机の引き出し、机からは見えない場所(後ろの方の棚)、キャビネットの中など。

これによって、目の前におやつがあると、ついつい食べてしまうのですが、あまり食べなくなりました。

あとですね、ぼく「かりんとう」めっちゃ好きなんですよ。

で、あるとつい食い尽くす勢いで食べてしまうんですが……

少し食べたらフタを閉めるクセをつけて、フタしたらすぐ、遠くに置くということをしています(笑)

でもこれによって、そこで食べるのが終わって、全て食い尽くすことがなくなったのです。

あとがき

いかがでしたでしょうか?

本当は、食べ物をそのまま置いて過ごすのと、机の引出しにしまって過ごすので、間食が何%減るか?というデータを見たことがあったのですが……

どこだか忘れて載せられませんでした……

簡単で、かつ効果的なので、「ついこれが……」という方、試してみてはいかがでしょうか!?

試すのに苦労しないですしね(笑)