lisz-works

技術系だけど関係ないこと多い系ブログ

仮想通貨の用途をまとめてみた(その1:BTC/REP/XRP/ZEC/XEM)

【スポンサーリンク】

仮想通貨

最近、巷で話題の仮想通貨についてです。

ビットコインを筆頭に、様々な仮想通貨があります。

ビットコインもそうですが、これらがどんな用途で使われるものなのか?について調べてみた[その1]です。

Bitcoin(ビットコイン)

Bitcoin(BTC)は、経済活動を円滑に進めるために作られた仮想通貨です。
いうなれば円やドルなど、リアルワールドで使っている通貨と同様……ということになります。

仮想通貨の中では、一般的に一番有名なヤツですよね。

実際に店舗などでモノを買ったりするのに使われたりします。

まだあまり普及していない感はありますが、これが普及したらIC決済のように、スマホ1つで買い物ができる未来がやってくるかもしれませんね。

Augur(オーガー)

Augur(REP)は、未来予測市場のためのプロトコルです。
ブックメーカーのように、大統領選の結果や、王子のご子息の性別など、未来に怒ることに対して、お金をかけたりする市場のこと。

ギャンブル市場に近いといことですね。

Augurの場合は、賭け事の主催者である胴元いないので公平。
更にコストが無いという状況を目指しているそうです。

世界的にギャンブルというのは大きな市場ですよね。
日本のパチンコ、競馬、競艇……世界で見たらカジノという大きな市場、前述したブックメーカー。

それらに関する通貨ということは、これからが見込める通貨なのかも?

Ripple(リップル)

Ripple(XRP)は、XRPという仮想通貨を使って、様々な通貨と直接取引を行うことができる。 銀行を通さずやり取りできる為、手数料がかからない。 更に決済システムが数秒で完結する。

  • Googleが出資した
  • 東京三菱UFJ銀行がリップルを使ったネットワーク利用を表明

という経緯があり、価格が爆上がりした結果が現在のようです。
元々数円だった値段が、今は20円台~30円台が普通ですもんね。

内容的には将来性がありそうですよね。

Zcash(ジーキャッシュ)

Zcash(ZEC)は、完璧なプライバシー保護を謳う、セキュリティの強い通貨です。

Bitcoinは匿名性が高いが、「ビットコインアドレス」という、持ち主を区別するコードが個人に割り当てられています。
そのコードを使えば、「誰かがBitcoinを持っている」ということはわかるそうです。
すなわち、「図べての情報が完全に非公開というわけではない」ということになります。

しかしZcashは、取引追跡ができない、Bitcoinのセキュリティが強化された通貨、といった感じです。

セキュリティというものが非常に大切な現代。
需要のありそうな内容ですね。

NEM(ネム)

NEM(XEM)は、Bitcoinの仕組みを改良した仕組みを使った仮想通貨です。

Bitcoinは「ブロックチェーン」という技術が使われています。
NEMはそのブロックチェーンを、改良したモノを利用した仮想通貨です。

現在のBitcoin自体の普及を考えると、そのパワーアップ版のようなNEMは、これから伸びそうですよね。
今なんでこんな低いのか分かりませんが……

ともかくこれから普及していけば、需要は高まりそうでね。

あとがき

いかがでしたでしょうか?

今回は5つの仮想通貨について書いてみました。

「実際に取引してみたい」

という方は、こちらのCoincheckに登録してみてはいかがでしょうか?

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

難しい手続きはないので、割と簡単に始められますよ!