lisz-works

技術系だけど関係ないこと多い系ブログ

なぜ人数の多い飲み会が嫌いなのか考えてみた+逃げ方を考えてみた

【スポンサーリンク】

暗い路地裏

ぼくは普段から、少人数飲みやサシ飲みばかりします。

人数の多い飲み会や、会社の飲み会とかが嫌いです。

よくよく考えたらなんで嫌いなのかを、ちゃんと考えてみました。

会話が苦手

まず会話が苦手なんですよね。

なんもない状態で話題を作り出して喋るってことが苦手なんです。
そもそも自分の好きな人ならともかく、どうでもいい人だと余計にそれが色濃く出てしまいます。

なので会社の飲み会みたいな環境に行くと、借りてきた猫のように黙ってしまうのです。

振られないと基本喋らない(笑)

ぼくは貴方達のようにワイワイガヤガヤ気軽に喋れない。

と、よく思っています。

アルコールに対する考え方が違う

ぼく酒好きなんですよ。

酔って楽しく友人と会話……
みたいのも1つですが、そもそも飲み物としてすきなんですね。

味とか香りとか。

でも会社の飲み会だったり、飲み会やろうぜウェーイなやつらは違うんですよ。

彼らはアルコールにより、酔って楽しくいることが目的なのです。

だから旨くもない度数の高いだけのクソみたいな酒を飲みたくないのです。

それは「お酒」ではなく「アルコールの入った液体」だからだ。

ぼくにその変な液体を飲ませようとしないでください。
と心から思っております。

どうでもいい人間の流入率

前述の通り、飲みの場のもう1つの目的が、楽しく友人と会話……

つまりコミュニケーションですね。

これが友人でなないイレギュラーは、興味のある人です。

友人も含め、自分の興味の範疇にいるから、相手のことを知ろうとするし、楽しくいられるのだと、ぼくは思います。

でも普通の飲み会はそうじゃないんですよね。

会社の飲み会なんかは、基本相手に興味がないので、極端にいうとどうでもいいのです。

余計に会話が弾まないわけですね。

対策を考えてみる

このように多々デメリットを出しましたが……

なんとかするにはどうしたらいいか……対策を考えてみました。

コイツはそういう人間と割りきる

「アルコール入り液体」を求める感覚の違うやつ。

ただ騒ぎたいウェーイ。

正直好きじゃないのは仕方ありませんよね。

なのでこういうやつと割りきります。

どうぞ高い度数をお求めください。

ぼくは自分のペースで旨そうなものや、なければ案パイを選択します。

じゃないほうな人を探す

多少人数の多いだとあぶれてる人が出たりします。

そんな人を探して話しましょう。

それなりに話せそうな人が隣になった場合、なるべくその人と会話して時間を消化しましょう。

苦手・弱いを装う

変なものを飲まされない為に、苦手や弱いを装います。

「ビールならいけるんすけど、他のダメで」

とか

「弱いからなるべくウーロン茶で」

とかいってゴミ酒を回避します。

飲みたいものとかが仮にあったら

「前友達にもらったら美味しくてこれは飲めたんですよ~」

とか言って防御を張りつつ、飲みたいものを飲む。

そのよくわからんもんはのまんぞ。

過去の最悪ケースをジャブ(捏造可)

なるべく飲まずに超絶適当に回避したい場合は

「以前めっちゃゲ■吐いたことがある」

など捏造でもいいのでいいつつ、なるべくソフトドリンクで逃げましょう。

そもそも行かない

これが最大の防御壁です。最強です。

つまらない話も
クソみたいな液体も
無駄な時間の浪費も
クソみたいな飲食物への無駄な出費も

これで回避!

なるべく早くが肝心です。

「飲み会誘っても全然来ないキャラ」を確立しましょう。

これを早くからクリアしていると

「あいつ誘ってもこないしな」

という認識となります。

体裁上誘われたとしても、相手もこちらがNG前提です。

気軽に「ちょっと無理っすね~」で離脱!

あとがき

時に飲み会も大事ですが……

時間とお金が無駄な時が多々あります……

ぼくは最近そもそも参加せずにいます。

個人的に友人とは行くんですが(笑)