lisz-works

技術系だけど関係ないこと多い系ブログ

簡単インストールで目に優しいPCのできあがり!f.luxでブルーライトカット!

【スポンサーリンク】

f.lux ロゴ

少し前からブルーライトをカットするメガネが、かなり有名になり、流通していますよね。

ブルーライトによって、目の疲れや睡眠の質の悪化などが挙げられます。

そんなブルーライトカットが、アプリで可能!ということで、入れてみました。

どうなるの?

ブルーライトを浴びることでこのような影響があると言われています。

  1. 網膜へのダメージ
  2. 目の疲れ
  3. 目の痛み
  4. 睡眠障害
  5. 肥満

  6. 精神状態
    引用:ブルーライトとは | ブルーライト研究会

睡眠障害だったり、睡眠の質が悪くなるっていうのが、よく言われるヤツですね。

ブルーライトはLEDを使ったディスプレイや照明に多く含まれています。

なので、その光を浴びることで、これだけの影響があるということですね。

PCもスマホも常時見る場合が多いので、これは怖いですね。

f.luxってなに?

f.luxは

「ディスプレイの色を調節することによって、ブルーライトをカットしちゃうぞ!」

というアプリです。

ダウンロードとインストール

こちらからダウンロードできます。

justgetflux.com

アクセスしたら、この「Download f.lux」というボタンからダウンロードできます。

f.luxのダウンロード

ダウンロードしたらインストーラを起動します。

イエスマンになって「はい」「はい」と選択していきましょう。

PCの再起動を求められるので、再起動すればインストール完了です。

初回設定

PCを再起動すると、「Zip-Code」、つまり郵便番号の入力を求められます。

これはこのアプリの機能として、時間によってブルーライトのカット率を自動調整してくれます。

なので地域を登録するために入力を求められます。

「自分の住所なんか教えたくないな……」

という方は、同じ県とか隣町とか、適当に選択すれば大体同じなのでいいと思いますよ。

実際どうなの?

使用したイメージはコチラ。

仕様前 f.lux 仕様前の画面

使用後 f.lux 仕様後の画面

赤っぽくなりましたね。

かなりいいです!光が眼に刺さらない!

「赤っぽくなって表示が変で見づらい……」

と最初は思うかもしれませんが、10分、15分我慢してみてください。

なじんでコレが普通になってきます。

ブルーライトカット率の調整

タスクバーのアイコンをクリックすると、こんな画面が出てきます。

f.lux 設定画面

これの上が昼間、下が夜の設定です。

この丸を左右に移動させることで、ブルーライトカット率を変更できます。

正直デフォ設定で全然いいと思いますけどね!

あとがき

手軽に入れられるので、みなさんも是非インストールしてみてください!

眼の負担だけとってみても、これだけで結構変わると思いますよ!