lisz-works

技術系だけど関係ないこと多い系ブログ

【LabVIEW】インストーラ作成時の「一般的なファイルI/Oエラー」の対処

【スポンサーリンク】

LabVIEW ロゴ

LabVIEWでインストーラ作成時に発生したエラー

「一般的なファイルI/Oエラー」

の対処方法です。

エラー内容

エラー内容はコチラ。

アプリケーションビルダのサポートページを参照するには下記のリンクをクリックします。以下の情報をリファレンスとして使用:

エラーコード6がAB_Targetfile.lvclass:PostBuild.vi->AB_Application.lvclass:PostBuild.vi->AB_Engine_Build.vi->AB_Build_Invoke.vi->AB_Build_Invoke.vi.ProxyCaller内のコピーで発生

考えられる理由:

LabVIEW: 一般的なファイルI/Oエラーです。

C:\work\LabVIEW\src_installer\src_installer\LabVIEWのソフト_0000000000000000000001\フォルダ0000000000000000000000000000001\フォルダ000002\builds\exe\フォルダ000000000000003\data

原因と解決方法

この原因は、「パスが長すぎること」でした。

今回パス名は適当なものですが、実際に使用したフォルダ名と同じバイト数となっています。

「LabVIEWのソフト_0000000000000000000001」の名前を

「Test」のように短くしたところ、すんなりとインストーラが作成されました。

コチラのエラーが出た際には、「パス名が長すぎないか?」を見てみてください。