lisz-works

技術と興味の集合体

NASのID/パスをが記憶されないのを対策してみた

【スポンサーリンク】

LANケーブル

社内NASって、ユーザ名/パスワードの入力を求められますよね。

Windowsが記憶してくれるはずなのに、なぜか登録後にWindowsを再起動すると登録データが消える。

暫定的ですが、コレを対策してみました。

ぼくの環境はWindows10ですが、Windows7など他のバージョンでも同様かもしれません。

ログイン情報の登録

Windowsボタンを押して「資格」と入力して検索してもらうと、このように出ます。

スタート→資格で検索

ここから「Windows 資格情報の管理」を選択。

こんな画面が出ます。
Windows資格情報の「Windows資格情報の追加」選択。

資格情報マネージャ

  • インターネットまたはネットワークのアドレス:NASのIPアドレス
  • ユーザ名:ユーザ名
  • パスワード:パスワード

を入力します。こんな感じ。

情報入力

ドメイン付きのユーザの場合、こんな感じ。

情報入力(ドメイン付き)

そしてOKボタンを押すと、情報が登録される……

のですが、Windowsを再起動すると、なぜか情報が消えてしまう……

対策

ぼくの勤務先では、ドメイン付きのユーザ名なので、

<ドメイン>\<ユーザ名>

と入力をしていました。

コレを

<NASのIP>\<ユーザ名>

に変更します。

情報入力(NASアドレス付き)

これに変更した所、再起動後も記憶され、NASに即アクセスできるようになりました!

あとがき

実はこれでなぜ治ったのか……

というとイマイチよくわからないんですが、毎度忘れてはコレに行きついて治ったー!となるので備忘録に……