lisz-works

技術系だけど関係ないこと多い系ブログ

数字入タイトルが目を引く理由を2つ考えてみた

【スポンサーリンク】

数字 ブログなどのタイトル付けに有効な手段として、よく紹介される方法があります。

それが「タイトルに数字を入れること」。

今回は、その効果を改めて体感したというお話です。

数字を入れたタイトルとは?

「そもそも数字を入れたタイトルって?」

という話ですね。

「○○に役立つツール大公開!」

みたいなのと

「○○に役立つ5つのツール!」

みたいなやつの違いです。

5個紹介してるから、「5つのツール」とタイトルに付けてしまうような手法です。

やはり目を引く

この手法は、ブログタイトルの付け方で読んだのですが……

やはり目を引きますね。

ことの発端は、ピスタチオ調べたんですよ。

「なんでピスタチオって【ナッツの女王】なん?」

と思って。

そこで出てきた検索結果1位、2位がこれです。

検索結果

  1. ナッツの女王「ピスタチオ」には女性に嬉しい効果が満載
  2. ピスタチオの栄養|ナッツの女王『ピスタチオ』の驚くべき7つの効能

「効果が満載」と書かれるより「7つの効能」という方に、無意識的に目が行きました。

不思議。

なぜなのか……ちょっと考えてみました。

なぜ数字入りが目を引くか考察する

考えた結果、この2つを

  1. 種類の違う文字が出てくるから
  2. 具体的な数がわかるから

種類の違う文字が出てくるから

普通に書くと、大概「日本語、英語、記号」になりますよね。

そこに種類の違う数字が突如出てくるから……

つまり異色な文字が突然出てくるので、目を引くのかもしれません。

具体的な数がわかるから

「満載」や「大公開」など、「たくさんある」感じの言葉を言われても、それは結局具体性はありません。

でも7つと言われると

「お。じゃあその7つってなんなの??」

という興味がわきます。

「君には悪いところがあるんだよねー」

よりも

「君には1つだけ悪い所があるんだよねー」

と言われた方が興味わきますよね。

是非入れてみよう!

ということで言いたいことは

隙あらば入れましょう!(笑)

よくよく考えたら、イケダハヤトさんの「武器として書く技術」にも書いてありましたね。

「15件」という数字は、やはり具体的な記事の内容・文章量をイメージさせ、「どれどれ見てみようかな」という気にさせます。
引用:武器として書く技術 P.7

あとがき

とはいえ、無理に入れてもよくないと思うし、そもそも難しいと思います。

(今回入れてみましたが)

「これは入れられるんじゃ!?」

と思ったら数字が入れられないか考えてみましょう!