lisz-works

技術系だけど関係ないこと多い系ブログ

Win7でPowerShell ver5にアプデしてみた。手順と機能実験

【スポンサーリンク】

PowerShell ロゴ

最近PowerShellを使いだしているんですが、Windows7では古いVersion.2系でした。

Version.5系にアップデート可能、ということなので、インストールしてみました!

簡単にできたので、Windows7や8.1の方は試してみてはいかがでしょうか?

なんでPowerShellなのか?

パッと見やっていることは、コマンドプロンプトと変わらないように見えます。

文字が入力できる所にコマンドを打っていって、色々なことをする……
映画とかによくある「ハッカーがキーボードをガチャガチャやってるシーン」のような感じですね(笑)

で、なぜPowerShellか、というところなんですが、コマンドプロンプトよりも「プログラム的な書き方ができる」からです。

正直コマンドプロンプトでは、変数1つ取っても環境変数を使わないといけなかったりと、ちょっと面倒です。

しかしPowerShellなら、よくあるプログラミング言語に似たような書き方で記述することができ、さらにそれをバッチファイル化できます。

スバラシイ。

Windows7 64bit版のデフォルト版

Windows7 64bit版では、デフォルトではPowerShell2系が入っています。

バージョン表示

PowerShellを起動し、「$PSVersionTable」と入力すると確認できます。

$PSVersionTable

.net frameworkを確認する

.net framework4.5以上が必要らしいです。

確認して、4.4以下の場合は、こちらからダウンロード→インストールしちゃいましょう!

Download Microsoft .NET Framework 4.5 from Official Microsoft Download Center

アップデートのしかた

まずはコチラにアクセス。

Download Windows Management Framework 5.0 from Official Microsoft Download Center

そして「Downloadボタン」を押しましょう。

ダウンロードページ

次に、システムのバージョンに応じたものを選択し、「Nextボタン」を押します。

DLするファイルの選択

ぼくの場合、「Windows7 64bit版」なので、上から2番目のものを選択しました。

するとこんな感じの名前のインストーラがダウンロードされます。

インストーラファイル

さっそく実行しましょう。

ここからはインストーラあるあるの「イエスマンになってればいい」感じです。

「はい」を押す。

インストール確認ポップアップ

「同意する」を押す

同意画面

するとインストールが始まります。

インストール中画面

見た目的に、扱いはWindowsアップデートなんですかね。

完了しました。

再起動を促される画面

指示通り再起動をしましょう。

ファイルの保存とかを行う方は、閉じるをしてから手動再起動か、作業してから「今すぐ再起動ボタン」を押しましょう。

Windowsアップデートの時のように「更新してます……」的な画面を経て、完了後ログイン。

PowerShellでバージョンを確認すれば……作業完了!

$PSVersionTable

バージョン確認

Ver5の機能を試しに使ってみる

Ver5で入った機能を試しに使ってみます。

ファイル圧縮・解凍が行えるそうです。

適当にtest.txtというファイルを用意しました。

PS C:\tmp\test> dir


    Directory: C:\tmp\test


Mode                LastWriteTime         Length Name
----                -------------         ------ ----
-a----  2017/06/01 (木)     16:27              4 test.txt

これを「Compress-Archive」で圧縮。

PS C:\tmp\test> Compress-Archive -Path .\test.txt -DestinationPath ./archive.zip
PS C:\tmp\test> dir


    Directory: C:\tmp\test


Mode                LastWriteTime         Length Name
----                -------------         ------ ----
-a----  2017/06/01 (木)     16:30            120 archive.zip
-a----  2017/06/01 (木)     16:27              4 test.txt


PS C:\tmp\test> del .\test.txt
PS C:\tmp\test> dir


    Directory: C:\tmp\test


Mode                LastWriteTime         Length Name
----                -------------         ------ ----
-a----  2017/06/01 (木)     16:30            120 archive.zip

圧縮したファイル、「archive.zip」が作成されました。

ではコレを解凍です。「Expand-Archive」を使います。

PS C:\tmp\test> Expand-Archive .\archive.zip
PS C:\tmp\test> dir


    Directory: C:\tmp\test


Mode                LastWriteTime         Length Name
----                -------------         ------ ----
d-----  2017/06/01 (木)     16:31                archive
-a----  2017/06/01 (木)     16:30            120 archive.zip


PS C:\tmp\test> dir .\archive


    Directory: C:\tmp\test\archive


Mode                LastWriteTime         Length Name
----                -------------         ------ ----
-a----  2017/06/01 (木)     16:27              4 test.txt


PS C:\tmp\test>

無事、「test.txt」ができました。<

成功!

あとがき

いかがでしたでしょうか?

至って簡単ですね。

最後に圧縮・解凍のデモを行いましたが、ぶっちゃけ7zipのコマンドライン使った方が、高圧縮にできるしいいと思います(笑)