lisz-works

技術系だけど関係ないこと多い系ブログ

Python3 pipでパッケージをインストールする方法

【スポンサーリンク】

Pythonのアイコン

以前Pythonでoauth2を使おうとしたときに、pipによるパッケージのインストールをしたときのメモです。

環境

環境はこちら。

  • Windows 7
  • python3.4.x

下準備

パッケージのインストールを行うには、pipeasy_installを使用します。

pip及びeasy_installは、python3.4.xインストールフォルダの「Scriptsフォルダ」に入っています。

例:
C:\Python34\Scripts

pipeasy_installを、コマンドプロンプトから使用できるようにするために、パスを通してください。

pipの実行

まずはコマンドプロンプトを起動してください。

次に「pip install」コマンドを入力します。

> pip install package_name

「successfully」とか表示されます。

たったこれだけで、パッケージのダウンロードとインストールを自動で行ってくれます。めっちゃ便利ですね。

インストールパッケージの確認

「pip freeze」コマンドを実行することで、インストールパッケージ一覧が表示される。

> pip freeze
httplib2==0.9.2
oauth2==1.9.0.post1

ここで対象のパッケージ名が表示されていればOKです。

上記でいうところの「httplib2」と「oauth2」です。

インストールパッケージをインポート

せっかくインストールしても、インポートをしないと使えません。

pythonスクリプトにて、下記のように記述しましょう。

#oauth2のパッケージをインポートする場合
import oauth2 as oauth

エラーが出なければインストール及びインポートOK!

存分に使いましょう!