lisz-works

技術系だけど関係ないこと多い系ブログ

楽天ポイント→Edyでどこでもタダでモノが買える!

【スポンサーリンク】

楽天Edy ロゴ

タダで買い物しつつポイントゲット!Amazonでもコンビニでも楽天ポイントを使える!

みんな、Edy使おう!

Edyで支払うメリット

何と言ってももとは買い物してゲットしたポイントなので、タダで買い物をしているのと同じ!

さらにEdyは200円で1ポイント、楽天ポイントが付きます。

なので

  1. 楽天ポイントが貯まる
  2. 楽天ポイントをEdyに入れる
  3. Edyで買い物をする
  4. 200円につき1ポイント貯まる

という流れが発生します。

楽天と無関係の場所で買い物をしているのに、楽天ポイントで支払いつつ、ポイントをゲットするというスゴイ流れが発生します!

ステキ!

自宅にいながらEdyで決済する

Edyがよく活躍する場所とすると、コンビニや自販機などにある、ICカード決済かと思います。

しかし、自宅でもEdy決済ができてしまうのです。

そこで利用するのがコチラ。

楽天Edyリーダーです。

USBに接続して、Edyを読み書きできちゃう優れものです!

これが2000円せずに手に入ってしまうのです!

他にもEdyリーダーはあるんですが、5000円近くするというお高さ……

始めにご紹介したのが、いかに安いかがわかりますね……

ちなみにどちらのEdyリーダーもSony製です。

楽天がEdy使ってもらう為に、廉価版として出しているんすかね?

これで何ができるの?

これを使うことで、

  1. 楽天ポイントをEdyに変換(ICカードにチャージ)
  2. Edy対応のネットショップでお買い物

という流れでお買い物ができちゃいます!

何より天下のAmazonさんがEdyに対応しているのがでかいですね!

Edyをチャージ!

楽天ポイント→Edyへチャージしてみましょう!

チャージはEdyのサイトから行うことができます。
難点は、Internet Explorerでないといけないこと。

edy.rakuten.co.jp

そしてマイページにとびます。

マイページ  リンク

すると登録しているEdyの一覧が表示されます。 マイページ Edy一覧

ぼくは使ってない過去のものが放置されているので、ムダに3つも表示されています(笑)

使っているヤツの右側、「チャージするボタン」を押しましょう!

するとこんなメニューが出てきます。

何でチャージするかメニュー 

左上の「楽天スーパーポイントからチャージ」枠の「チャージに進む」を選択しましょう!

次にポイントを入力する画面です。

ポイント入力画面

持っているポイント数が表示されているので、それを元に「交換するポイント数」を入力しましょう!

「有効な値です。」のチェックが入ればOKです。

ちなみに「期間限定ポイント」は、チャージ対象外なのでご注意を。

ポイントを入力したら、チャージ先のEdyを選択して、「交換内容を確認するボタン」を押します。

入力情報の確認画面が出てきます。入力情報確認画面

注意書き曰く

  1. 確定後は修整・キャンセルができませんのでご注意ください。
  2. お受け取り可能期間は30日です。
  3. お受け取り期間を過ぎますとEdyは無効となり、指定ポイント数は交換元のポインんと口座に自動で返還されます。
  4. 初めての交換の時から1週間ほどは受取開始日が申請日から2日後に制限される場合があります。
  5. 申請完了時に配信されるメールを受信するためには、「edy.rakuten.co.jp」からの受信を許可してください。

とのこと。

この手続きをしたらちゃっちゃと受け取りをしちゃいましょうね。
30日が期限なので。

「お受け取り期間を過ぎますとEdyは無効となり」というのが気になります。

対象のEdy自体が使えなくなってしまうのでしょうか……

やったことがないのでこの辺は分かりませんが、買い物のためにチャージする訳ですから受け取らない理由もないんですけどね(笑)

確認したら「内容を確定し受け取り手続きに進むボタン」を選択!

すると交換内容の確認画面が出てきます。

受取り手続き画面

この画面を下にスクロールすると

受け取り方表示

受取り方法が表示されています。

Edyリーダーを購入して、PCから受取りをする方は右側の「楽天Edyリーダーを使ってパソコンで受け取る」の中の「詳細を見る」を選択してみてください。

受け取り方の詳細が表示されます。

受取り方法詳細表示

手順としては

  1. Edyリーダーとカードをセット
  2. Edy Viewerにアクセス
  3. 「Edyの受け取り」を選択
  4. 受取り対象(件名)を選択
  5. 内容を確認し、「次へボタン」を選択

これで受取り完了です!

さぁ!お買い物をするのです!

あとがき

ということで楽天ポイントをEdyとしてチャージする方法でした。

最近はSuicaだけでなく、いろいろなIC決済がありますよね。

分散しすぎると面倒ですが、それぞれメリットをうまく活用すると、お得にお買い物などができますよ!

ちなみにぼくは、Edy、Suica、nanacoを利用しています。

Suicaについて書いている記事はコチラ!

www.lisz-works.com

ちなみに楽天の期間限定ポイントはチャージできないのですが、ポイント支払いのきるお店なら、期間限定ポイントで支払いができます。
あわせてどうぞ!

www.lisz-works.com