lisz-works

技術系だけど関係ないこと多い系ブログ

スマホとウェアラブル端末とこれから(の妄想)

【スポンサーリンク】

iPhoneとApple Watch

スマホとウェアラブル端末とこれからを考えて(妄想して)みました。

これ以上スマホの目覚ましい発展があるのか?

スマホがこれだけ普及した昨今、これまでで目覚ましい進化を遂げてきましたよね。

カメラはコンデジ*1を超え、地図アプリはカーナビいらずで徒歩も車もカバー。
ゲーム機がなくとも沢山のゲームが有料/無料問わず沢山あり、パソコンが無くてもWebサイトの閲覧から、ドキュメント作成まで行えてしまう……

これ以上、スマホが目覚ましい進化をするか……

と考えると、それはないんだろうなぁと思ってしまいます……

そうなると次を担う「スマホ的な技術」ってなんなんだろう?

と考えると、ウェアラブル端末*2です。

ウェアラブル端末の進化

正直なところあまり追いかけてないので、細かいことまでは知らないんですが(笑)

しかし知っている限りでも、進化は目覚ましいものがあるなぁと感じています。

例えばスマートウォッチ

腕をかざせば、ICカードで決済して電車に乗る事もコンビニで買い物もできる。

トレーニングや歩数なんかを記録して、ヘルスチェックもできますよね。

ちょっとしたメッセージの確認や送信だってできる。

あと有名なのはGoogleグラス*3とかですかね。

結局一般への普及へは及びませんでしたが、小さなメガネだけで、ちょっとした画面への表示やカメラなどが使えましたよね。

あれが発表されたときは、近未来感がすごすぎてビビったのを記憶しています(笑)

そのうち同じようなものが実用化されるかは分かりませんが、これも進化の形の1つですよね。

ウェアラブルの欠点

個人的な意見ではあるんですが、「必ずそれを付けていなければならない」というのが弱点です。

スマホはそもそも「携帯電話」という固定のものを持っていたものが、スマホに変わったので、「常にそれを携帯している」というのがある意味自分の中でルールのようになっています。

携帯をプライベートで複数持って、日によって違うものを持つ……という人はあまりいないと思うので(笑)

しかし時計やメガネを使う人は、既にそれらのお気に入りを持っているんじゃないでしょうか。
ということは、既存のものから、ウェアラブル端末に「交換」をしないといけないのです。

「いや、別にいいよw」

って簡単に変えられる人はいいとして、お気に入りの一品なんかあった日には、交換なんてなかなかできないですよね。

ぼくもヴィヴィアンの時計つけてたいし。

またスマホのように、連絡を取るので「常に所持していないと困る」ものとは違い、時計は今や携帯しなくても困らないものとなってしまいました。

ある程度昔から、歩いていてもオフィスにいても、適当に時計はありますからね。
さらに携帯を見れば時間もわかりますし。

技術の進歩に想いを馳せる

ここから妄想フェーズです。

ならどうなったらウェアラブル端末が、より便利になるのか……?

と考えると、やはりAR*4的な技術が必要とされるんじゃないでしょうか。

かなりSF寄りな話にすると、例えば目の前に自分だけが見える拡張された画面が表示されて、それらを何か、あるいは直接操作することができる携帯端末があれば、スマホ×ウェアラブルのようなものができる気がします。

しかしそうなると、「どうやってそれ表示するの?」という話になると思うんですよね。

そうなると、メガネ型端末の邪魔さがぬぐえない……

コンタクトレンズ型、あるいは体内(または眼球)埋め込み型……でしょうか。

……売れなそう……

体内への埋め込みや接続なく、こんな技術が出てきたとしたら……一歩進んだ革新的技術になるかもしれませんね。

スマート端末の未来に期待です。

あとがき

少し前の時代から見ても、今の時代は超絶な進化を遂げた時代だとは思うんですけどね。

ここから更なる進化を遂げたら……未来はどうなるんですかね?ワクワクです。

触れませんでしたが、もう1つ可能性があるとしたらAI関連かもしれませんね。

*1:コンパクトデジタルカメラ。小型のデジカメ

*2:身に着けて使用するスマート端末のこと。有名どころはApple Watchなどのスマートウォッチ。

*3:メガネ型のウェアラブル端末

*4:Augmented Reality:拡張現実。例えばスマホに映した目の前の景色に、他の情報を加えたものが表示されたりするヤツ。説明が微妙に難しい……ので詳しくはコチラ。https://goo.gl/NUxzrB