lisz-works

技術系だけど関係ないこと多い系ブログ

スパムページが普通にブラウザ見てたら突然出てきた話

【スポンサーリンク】

スマホを見つめる女性

どうも、lisです。
この前普通にネットサーフィンしていたら、突然スパムページが出てきたので、注意喚起を込めてご紹介したいと思います。

どんなページが出てきたか

こちらが実際のページのスクリーンショットです。

Androidのスパムページ

どうですか? めっちゃ怪しいですね(笑)

しかしこれが至って普通のWebページ…なんならどこぞの公式サイトを見ている最中に、バイブと共に表示されたんですね。
突然エラーページとか出ると焦りませんか…?

深呼吸して落ち着きましょう。
そして表示されたページをよく見ましょう。

怪しいポイント

ここでこのページを例に、怪しいポイントを見ていきましょう。

GoogleなのにURLが違う

ここが1番わかりやすい怪しいポイントかもしれません。

Googleのロゴマークが出ています。
しかしURLを見ると、[us.abreakp.top]という謎のURLとなっています。

URLとGoogleのロゴ

GoogleのURLって大概「google」のURL配下のものかと思いますので、この時点で一旦「ん?」と疑いの目を向けましょう!

文言がなんかおかしい

エラー文言等を落ち着いて読んでみましょう。

…なんか文章おかしいですよね…

エラー文言

なんか日本語がたどたどしいです。
まぁ多少日本語がおかしくなる事があったと仮定しても、これはなかなかな狂い方かと思います。
まるで「作った文章を、翻訳ソフトにそのままかけて、そのままコピペしたかのような」文章ですね。

アプリ名が怪しい

冷静に見てみると、「ウィルスに感染してて危ないよ!」という警告に対して、「Applock」というパッと見の推測で「アプリをロックしそう」な名前のアプリを作るでしょうか?そしてそれを提示してくるでしょうか?

項目1

わかりませんけど、なんかインストール済みのアプリがロックされたり、端末の機能がロックされたり、怪しげな効果を発揮しそうですね。

エラー文と趣旨がズレていないか?

ステップ2に注目です。

項目2

エラー文では「ウィルスによってデータが破損していますよ!」と言われています。
しかし言われたアプリをインストールして発揮する効果は「スピードアップ」、「ブラウザを修正」…

データの破損の件は、どこに行ったのでしょうね(笑)

日本語…

ボタン

「NOW高速修復!」(笑)

Androidスマホ自体や、Googleのサービスを使用していて、あなたは「NOW高速修復」のような英語と日本語の混在した謎の言葉を見たことがあるでしょうか…

怪しさの塊ですね…

あからさまに怪しいこんなのが表示されたら…

そっとページを閉じましょう…

このページに表示されたボタンを押したりしてはいけません…

誤っても言われた通りボタンを押したり、その先が仮にPlay Storeだとしても、絶対にアプリをインストールなんてしてはいけません。
PlayStoreでインストールできるアプリだとしてもウィルスのような動作をするものなんてごまんとあります。

インストールしたら最後、ほんとにウィルスに感染ですよ。

あとがき

スマホ=携帯電話…という概念は拭えないかと思いますが、スマホは超小型のPCのようなものです。

そしてその中には、個人情報から他人の個人情報、そして沢山のパスワードや、人によっては金銭のやり取りが可能なデータ、人に見られたくないデータ、消えては困るデータ等々…色々と入っていると思います。

このようなウィルスの類いに限らず、気を付けましょうね。