lisz-works

技術系だけど関係ないこと多い系ブログ

ちょっと奨学金 全額返済手続きしてみた手順とか:日本学生支援機構

【スポンサーリンク】

ガッツポーズをする女性

「独立行政法人 日本学生支援機構」で、専門学校の奨学金を借りていました。

今まで何も見ずに「ただ返す(引落)」をしていたのですが……

よくよく見ると「利息、無駄じゃね?」と。

ということで、一括返済手続きを行ったのでやり方です。

利息は低いがこれは借金だ

今まで奨学金に対して、あまり意識をしていませんでした。

でもよく考えなくてもさ、

これ借金やん。

そしてすごく低いですが、利息を取られます。

年利 1.27041666%

いや、低いんですけどね?

でもトータルでも無駄なお金取られるより、貯金に余力あるから、これを期に返しちゃおう。

スカラネットPSに登録

まずはスカラネットPS(スカラネット・パーソナル)に登録する必要があります。

スカラネット・パーソナル - ログイン

一括/全額返金などだけでなく、現在の状況やその他申請を行うのに必要になります。

こんなにずっと奨学金払ってたのに、ここ数か月で登録しました(笑)

手続きのしかた

それでは手続きの仕方です。

ログイン

まずは、スカラネットPSにログインしましょう。

スカラネット・パーソナル - ログイン

ユーザIDとパスワードを入力します。

ログイン画面

奨学生番号を入力し「送信ボタン」を押して、ログインです。

奨学生番号入力画面

スカラネットPSにログインしたら、「各種届願・繰上タブ」に移動し、スクロールしていき……

各種届願・繰上タブ

「【各種届・願出・繰上返還申し込みの際の~」という欄まで移動します。
中腹くらいですかね。

その中の「①ワンタイムパスワードの取得画面へ」のリンクを踏みます。

ワンタイムパスワードの取得画面へ

「あなたのメールアドレス」を確認したら、「各種届・願出繰上返還用パスワード発行ボタン」を押します。

メアド確認画面

するとこんな画面になります。
さっき書かれていたメールアドレスに、メールが飛んでいるはずです。

こんなやつ。

URL付きメール

書かれているURLをクリックしましょう。

こんなページが表示されるので、改めてユーザIDとパスワードを入力。
「各種届・願出繰上返還用パスワード発行ボタン」を押す。

パスワード発行画面

またメールが飛びます。確認しましょう!
こんなメール。

ワンタイムパスワード送付メール

ここでやっとワンタイムパスワードが手に入ります。

長い……

最初に操作していたタブに戻って、「各種届願・繰り上げログイン画面へボタン」を押します。 ログイン画面へ戻る

するとこの画面が表示されます。

ワンタイムパスワードと画像認証

ここで取得したワンタイムパスワードと、セキュリティ用の画像に書かれた文字を入力し、「送信ボタン」を押します。

手続き

「各種届・願出・繰上返還選択画面」が表示されます。
下にスクロール!

各種届・願出・繰上返還選択画面

中腹くらいにある「3.繰上返還申込」で「次へボタン」を押します。

繰上返還申込

申込と誓約の画面です。

申込と誓約の画面

奨学生番号が正しいことを確認し、「はい」をチェックします。

誓約事項を確認のうえ、氏名を入力します。
わざわざ漢字版とカタカナ版を入力しないといけないという謎仕様。

難読漢字は「■」で潰されてしまうので、そのままデータベースに登録されているんでしょうかね?謎い。

入力した「送信ボタン」。

次にこの画面。

繰上の選択

「全額繰上」が「一部繰上」を選択して、「次へボタン」を押します。

ぼくは「全額繰上」にしたので、わかりませんが、「一部繰上」にしたら金額入力したりするのかもしれません。

申込画面。

申込画面

奨学生番号を確認のうえ、左隣のチェックを入れます。
口座の情報を確認をうえ、「相違なし」にチェックをします。

で、「確認ボタン」を押します。

そしてついに……

受付完了画面です!!

受付完了画面

長い……長いよ……

あとがき

あとは時がくれば完済です。

別に返せるのに放置しているだけで、ムダに気がそれるので、余裕があるなら返しちゃうのが吉です。

どうせ発生する金額だし、利息無駄だし、意識下にあるのはエネルギーの無駄遣いだし。

これで呪縛(借金)から解放される!!

ただし、ご自身の資産状況と相談して実施してくださいね!
ご利用は計画的に!