lisz-works

技術系だけど関係ないこと多い系ブログ

Googleの検索結果をTempermonkeyでダークにしてみた

【スポンサーリンク】

Chrome ロゴ

Googleの検索結果をダークカラーにするスクリプトを作成しました。

Tempermonkeyのおかげで、よく見るサイトのダーク化が捗ります。

イメージ

こんな感じになります。

検索結果 表示イメージ

現状、検索窓など上部は白のままです。なんかうまくいかず。

しかし大部分がダークになることで、見やすくなります。

加えて基本的に、注目して見る箇所は「検索結果」なので、そことの切り分け的な意味合いでも、これで良いと思いました。

スクリプト

スクリプトはこちら

// ==UserScript==
// @name         Google dark
// @namespace    http://www.lis-works.com/
// @version      0.1
// @description  dark google
// @author       lis
// @match        https://www.google.co.jp/search*
// @grant        none
// @require      http://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.5.2/jquery.min.js
// ==/UserScript==

function blacky(selector) {
    $(selector).css("background", "#111");
    $(selector).css("color", "#CCC");
    $(selector + " span").css("color", "#CCC");
    $(selector + " em").css("color", "#CCC");
    $(selector + " a").css("color", "#1FB5DB");
    $(selector + " a:visited").css("color", "#9D52FF");
}
(function() {
    blacky(".mw");
    blacky("#appbar");
})();

今回「blacky」という関数でCSS変更をまとめています。

引数でCSSセレクタを渡すと、その中にある要素を勝手に書き換えてくれます。

CSSセレクタを2つ以上指定する場合、この方が楽だし見やすいなと(当たり前だが)。

あとがき

ページの色変更って、なんか冒涜感なくはないんですが、自分が見やすくなる為には仕方ない……とか割り切っています……

全体デザインは加工してないしいいよね……という言い訳を呟きつつ……(笑)