lisz-works

技術系だけど関係ないこと多い系ブログ

Visual Studio 6.0によるビルドとexe生成

【スポンサーリンク】

プログラムのソースコード

Visual Studio 6.0」での、ビルド関連の備忘録です。

今まで「.net」しか使ったことがなかったんですが、思っていた以上に勝手が違ったので……

仕事で使っただけで、ちょっと手元に環境がないので、文章だけとなります。

Visual Studio 6.0でのビルド

Visual Studio 6.0では「.net」と違い、デバッグリリースという概念自体が無いようです。

メニュー内にあるコンパイルは、「.net」でいうところのデバッグと同じような立ち位置でしょうか。

デバッグ実行用のファイルを作って、起動するようにする。 またそれはブレークポイントを貼り、デバッグをすることも可能……といった感じです。

リリース用のファイル(exe)を作りたい場合は、別のメニューから「exeの作成」を行う必要がある。
(これが分かってなくて散々探し回りました……)

コンパイルにやりかた

メニューバーから「実行→完全コンパイル後に実行」を選択。

※こちらはデバッグ実行のみでexeは作られません。

exeの作り方

メニューバーから「ファイル→xxxxx.exeの作成」を選択。