lisz-works

技術と興味の集合体

簡単な例でゴールシークの説明!Excelに数式を逆算してもらおう!

【スポンサーリンク】

Excel

Excelのゴールシークという機能をご存知でしょうか?

「ある数式のうち、1要素の値が不明なので調べたい」

といったときに、Excelに勝手に導き出してもらう機能です。

今回はこの機能の使い方の例を、超簡単な例で紹介します!

手順だけ知りたい方

このような手順で行えます。

  1. リボンの「データ/What-If分析/ゴールシーク」を選択
  2. 表示されたポップアップの、各項目を入力
  3. Excelが勝手に導き出してくれる!

簡単な例

ここで問題です。

問題
お皿の上に3人が持ってきたクッキーが15個ありました。
Aさんが持ってきたクッキーは4個でした。
Cさんは持ってきたクッキーは2個でした。
さて、Bさんが持ってきたクッキーは何個でしょう?

ではExcelしていきましょう。

使うのはこんな感じの表としましょう。

使う表

わかっている数を入れる

さて問題文の情報として

  • Aさん: 4
  • Cさん: 2

とわかっています。
入力しましょう。

既知の値を入力

合計を出す数式を作る

Excelを普段から使う人には、鬼のように簡単な問題ですよね。

合計の欄に、合計を出す数式を入れていきます。

全て足し算するのもナンセンスなので、SUM関数するとします。

こんな感じでになりますね。

SUM関数

式は

=SUM(B2:B4)

です。

ゴールシークを使う(Bさんの個数を求める)

さて、それではExcelさんにBさんの個数を考えてもらいましょう。

まずはリボンの「データ/What-If分析/ゴールシーク」を選択します。

ゴールシーク

このような画面が出てきます。

ゴールシークの設定入力

ここを

項目
数式入力セル $B$5
目標値 15
変化させるセル $B$3

と入力してOKボタンを押します。

ゴールシークの設定

計算を待つ

少し待つと……

このように結果を算出して、データを入れてくれます!

ゴールシーク結果

あとがき

この例では簡単な計算でしたが、複雑な数式のときに使うと、自分の手でちまちま試すより楽ちんです。

とはいえ、ぼくはあまり試した機会は無いのですが……

しかし、こういう機能を覚えておくと「コレは!」というタイミングに思い出して役に立つ!

なんてことがあるかもしれませんよ!