lisz-works

技術と興味の集合体

javascriptで「翌日の日時」を作成する方法

【スポンサーリンク】

Web

javascriptで翌日のある日時を指定する方法です。

カスタムすれば、任意の日時にも変更できます!

「翌日」日付文字列を生成する

「翌日の13時」というデータがほしいときのサンプル。

var setNextDatetime = function() {
    // 翌日の生成
    var dt = new Date()
    dt.setDate(dt.getDate() + 1)
    // 日付文字列を生成(yyyyMMddThh:mm:s)
    var zero2 = function(v) { return ('0' + v).slice(-2) }
    var nextDatetime = dt.getFullYear() + "-" + zero2(dt.getMonth() + 1) + "-" + zero2(dt.getDate()) + "T13:00:00"
    // セット
    $("input#xxxx").val(nextDatetime);
    console.log(nextDatetime);
}

Date型と加減算

Date型は、セットする関数と取得する関数を組み合わせることで、加減算ができます。

var dt = new Date()
dt.setDate(dt.getDate() + 1)
  1. getDate()で取得した値に加減算を行う
  2. setDate()でその値をセットする

をするだけで、翌日とかN日前とか計算してくれます。

便利。

2桁の数値にする関数

月日など2桁で表現したかったので、次のような関数を作成しました。

var zero2 = function(v) { return ('0' + v).slice(-2) }

「2桁のため」と思って作ったので名前が雑です(笑)

もう少しちゃんと作れば、更に応用の効く関数が作れると思います。

これでやっていることは

  1. 引数の値の先頭に'0'を追加
  2. 後ろから2文字分を取得して返す

ということをしています。

なので、「1」

  1. 「01」にする
  2. 後ろから2文字「01」を返す

「12」なら

  1. 「012」にする
  2. 後ろから2文字「12」を返す

となります。

参考

コチラを参考にしました。ありがとうございました。

qiita.com

qiita.com

qiita.com

あとがき

javascriptで「翌日の日時」を作成する方法でした。

時間などは固定にしているので、ここにもロジックを組み込んだりすれば、更に色々できます。