lisz-works

技術と興味の集合体

VSCode拡張開発!コマンドにショートカットを割り当てる方法

【スポンサーリンク】

Visual Studio Code

VS Codeの拡張開発で、コマンドにショートカットを割り当てる方法についてです!

チュートリアルで作成した、Hello Worldを改造しています。

ショートカットを追加

package.jsonという、プラグイン定義ファイルを編集します。

package.jsonを開いて「contributes」を探します。

元のファイルはこのように書かれています。

   "contributes": {
        "commands": [
            {
                "command": "extension.helloWorld",
                "title": "Hello World"
            }
        ]
    },

そこに「"keybindings"」というのを追加します。

   "contributes": {
        "commands": [
            {
                "command": "extension.helloWorld",
                "title": "Hello World"
            }
        ],
        "keybindings": [
            {
                "command": "extension.helloWorld",
                "key": "ctrl+shift+s"
            }
        ]
    },

keybindingsについて

keybindingsは、このような要素で構成されています。

キー
command 対象のコマンド
key 設定するショートカットキー

これで「key」に設定したショートカットキーを押すと、「command」に設定したコマンドが実行されるようになります。

動作確認

プロジェクト側でF5を押して、実行します。

今回設定したショートカットキー

Ctrl + Shift + S

を押します。

右下に「Hello World!」と表示されればOKです!

実行

参考

code.visualstudio.com

コチラを参考にしました。ありがとうございました!

あとがき

VSCode拡張開発で、コマンドにショートカットを割り当てる方法でした!

もう少し色々設定できるみたいですが、今回は単純に「押したら発動」というところに留めています。

参考URLに更に解説があるので、もう少し何かしたい場合はそちらを見てみると良いかと思います!

またショートカットキーは他のモノと被らないよう、注意して設定する必要があるかもしれません。

お気をつけて!

関連記事はこちら!

www.lisz-works.com

https://www.lisz-works.com/entry/vscode-ext-add-commandwww.lisz-works.com