lisz-works

技術と興味の集合体

Windows Subsystem for Linux(WSL)でWindowsのファイルにアクセス

【スポンサーリンク】

Windows x Linux

Windows Subsystem for Linux(WSL)とWindows間での、ファイルアクセス方法です。

Linux(WSL)側からの操作で、ファイルコピーなどが行なえます。

WSL上のWindowsのパス

Windows上での

C:\

は、Linux側では

/mnt/c

となります。

なので

C:\work\

というフォルダにアクセスしたい場合

/mnt/c/work

とすることでアクセスする事ができます。

コピーの方法

例として、双方でコピーしてみましょう!

対象は

  • Linux:「./directory」ディレクトリ
  • Windows:「C:\work」フォルダ

コピーコマンド

コピーのコマンドは「cp」です。

$ cp [オプション] コピー元 コピー先

と指定します。

普通のファイルコピーのときは、オプションは特段必要ないです。

しかしディレクトリ/フォルダコピーの場合は、「-r」オプションをつける必要があります。

$ cp -r src dst

Linux→Windows

カレントディレクトリにある「directory」というディレクトリを
「C:\work」の下にコピーしたい!

というときは、このようにします。

$ cp -r ./directory /mnt/c/work

Windows→Linux

「C:\work」というフォルダを
カレントディレクトリにある「directory」というディレクトリにコピーしたい!
というときは、このようにします。

$ cp -r /mnt/c/work ./directory

参考

こちらを参考にしました。ありがとうございました!

ascii.jp

www.koikikukan.com

あとがき

これでLinuxコンソールから、Windowsのファイルも取り扱えるようになります。

必要なファイルをLinuxに入れたい!

という場合は、今回の例の様にコピーすればOKです。

Windowsのエクスプローラから無理くりやる方法も一応あります。

www.lisz-works.com

がコチラの方が正しいやり方だと思います。