lisz-works

技術と興味の集合体

コンソールにカラーテーマを!WSLも見やすくなる!

【スポンサーリンク】

Windows x Linux

「WSL(Windows Subsystem for Linux)の表示が見づらい!!」

「コマンドプロンプトをキレイな色にしたい!!」

そんなこと思ったことありませんか?

Microsoft製のColor Toolでサクッと色を変更しちゃいましょう!

入手方法

こちらへアクセス!

github.com

「colortool.zip」のリンクからダウンロードできます。

任意のフォルダに展開してください!

適用方法

「今のカラーは残しておきたい」

という場合は、コマンドプロンプトのプロパティから、事前に値をメモしてバックアップしておいてください。

「colortool.exe」を展開したフォルダでコマンドプロンプトを開きます。

楽な開き方は

  1. エクスプローラで、colortool.exeのあるフォルダを開く
  2. アドレスバーに「cmd」と入力
  3. Enter!

コマンドプロンプトを開いたら、このように入力。

colortool -d <カラーテーマ名>

カラーテーマファイルは「schemesフォルダ」の中に「.itermcolors」という拡張子で入っています。

コマンドを実行後、コマンドプロンプトやWSLを新しく開いてみましょう!

色が変更されているはずです!

カラーテーマ一覧

デフォルトでこの種類が用意されています。

  1. deuteranopia
  2. OneHalfDark
  3. OneHalfLight
  4. solarized_dark
  5. solarized_light

それぞれどんな見た目になるのか?は、↓を参考にしてチョイスしてみてください!

deuteranopia

こちらで設定できます!

colortool -d deuteranopia

コマンドプロンプト

deuteranopia コマンドプロンプト

WSL

deuteranopia WSL

WSL(vi)

deuteranopia WSL(vi)

OneHalfDark

こちらで設定できます!

colortool -d OneHalfDark

コマンドプロンプト

OneHalfDark コマンドプロンプト

WSL

OneHalfDark WSL

WSL(vi)

OneHalfDark WSL(vi)

OneHalfLight

こちらで設定できます!

colortool -d OneHalfLight

コマンドプロンプト

OneHalfLight コマンドプロンプト

WSL

OneHalfLight WSL

WSL(vi)

OneHalfLight WSL(vi)

solarized_dark

こちらで設定できます!

colortool -d solarized_dark

コマンドプロンプト

solarized_dark コマンドプロンプト

WSL

solarized_dark WSL

WSL(vi)

solarized_dark WSL(vi)

solarized_light

こちらで設定できます!

colortool -d solarized_light

コマンドプロンプト

solarized_light コマンドプロンプト

WSL

solarized_light WSL

WSL(vi)

solarized_light WSL(vi)

各コンソールで別々の色にしたいとき

「コマンドプロンプトはこの色で、WSLはこの色にしたい……」

という場合は、一方をプロパティから色変更すればOK!

変更しても他のコンソールには影響を与えません。

少し面倒ですが……

参考

こちらを参考にしました。ありがとうございました!

twinbird-htn.hatenablog.com