lisz-works

技術系だけど関係ないこと多い系ブログ

WindowsにATOM(テキストエディタ)入れてみた

【スポンサーリンク】

ATOM ロゴ

ATOMというテキストエディタをインストールしてみました。

中途半端には使っていたんですが……

ちゃんと使ったうえで吟味しようかな、と思いまして……

昨今のテキストエディタ事情としては、イマドキかつ人気のあるATOMについてです。

インストール

インストールは簡単に行えます。

今回インストールしたのは、「Ver 1.19.1 x64」です

まずはコチラからファイルをダウンロード。

atom.io

Beta版もあるようなので、開発途中でも最前線が好き!という方はこちらを。

atom.io

ダウンロードしたインストーラを実行すれば、インストールは容易にできるので、手順は割愛します。

インストールが完了すると、ATOMの画面が表示されます。

ATOM起動画面

設定画面を開く

設定は、「File→Setting」またはCtrl+,で開けます。

Ctrl+,は、Macと同じですね。
Macは大概このコマンドが、設定を開くようになっている印象。

すごく英語です。よくわからない(笑)

フォントを変更

設定の「Editor」の中にある「Font Family」、「Font Size」にて設定できます。

フォント設定

ということで、お気に入りの梅フォントから「梅ゴシックO5」を設定します。

www.lisz-works.com

設定は、「Font Family」にフォント名をそのまま入力すると行えました。

今回の場合、「梅ゴシックO5」とそのまま入力しました。

この文字は、Windowsのインストール済みフォントから参照することができます。
が、正攻法ではそうかもしれませんが、MS PaintやExcel等を使った方が早いと思います。

なので、今回はMS Paintでサーチしてみます。

設定したいフォント名を探す

Win+Rで、ファイル名を指定して実行を開きます。
そこに「mspaint」と入力し、OKボタンを押します。

名前を指定して実行

Windows標準のペイントが出てきますね。

これの文字選択ツールを選択し、適当な文字を入力します。

ペイント 文字選択ツール

入力した文字を、全選択して、フォントを変更していきます。
フォントを変更すると、こんな感じで入力した文字のフォントが変わるので、好きなものをチョイスしてください。

好きなフォントを選択

お気に入りのフォントが見つかったら、選択したフォントの名前をATOMの「Font Family」に入力します。

入力するとATOMのシステムフォント自体が設定したフォントに変わるので、すぐに反映されたことが分かります!

ATOMに梅フォントを設定

タブサイズの設定

「Editor→Tab Length」から設定します。

初期設定は2なので、ぼくは普段使っている4に変更します。

ただ、ある言語だけ2とかにはできないんですかね……よう調査です……

タブ設定

テーマ(見た目)の設定

テーマは、「Themes」から変更可能です。

デフォルトの「One Dark」が結構見やすいので、このままでもOKかとは思いますが……

個人的に「Monokai」を使いたい……ということで、こちらのページを参考に変更することに。

qiita.com

今回はこの中で「いいな!」と思った、「One Dark + Dark Monokai Batch」を設定します。

テーマのインストール

まずは「Install」に移動します。

Install

そして検索ボックスの隣を、「Package」から「Themes」に変更する。
更に検索ボックスに「dark-monokai-batch」を入力してEnter

テーマの検索

すると「dark-monokai-batch」が、上部に表示されますね。
これを「Installボタン」を押してインストール!

終わるまで待ちましょう。
ボタンが「Uninstall」に変わったら完了です。

Install完了

次に「Themes」に移動します。

「Syntax Theme」を選択すると、「Dark Monokai Batch」が増えています。
コレを選択すると……

これが

One Dark

こうなります!

Monokai

成功ですね。

あとがき

これで必要最低限、見た目の変更ができました。

まだまだやることは足りないんですが……

ちょくちょく設定変更方法を書いていこうと思います。