lisz-works

技術系だけど関係ないこと多い系ブログ

【Excel】検索値は何番目にいる?:MATCH関数

【スポンサーリンク】

Excel ロゴ

Excelで、検索値がデータ列の何番目にいるのか?を検索する方法です。

MATCH」という関数を使用して、知る事ができます。

どんなことができるの?

ある名前のリストがあるとします。

その名前のリストのうち、探したい名前が何番目にあるか?を知る為の関数です。

MATCHを使った例

やり方

関数はこのように書きます。

=MATCH(検索値,検索する範囲(配列),[照合の種類])

※照合の種類は、基本的には「0」でOK。

例えば

青の行を調べる場合

縦を調べる

赤の列を調べる場合

横を調べる

解説

縦も横もやっていることは、変わりません。

選択した範囲の上、または左から順に、1、2、3……と数えられます。

指定した検索値と一致する値が、何番目にいるか?を返してきているだけです。

MATCH 解説

もし検索値が見つからなかった場合、「#N/A」というエラーが表示されます。

縦を調べる

これはできない

このように、縦/横の範囲ではなく、四角く選択した範囲は検索ができません。

四角く範囲指定した場合

この場合、検索値が見つからなかったとき同様、「#N/A」エラーが表示されます。

あとがき

いかがでしたでしょうか?

これ単発で使うというよりは、他の関数と組合せで使うケースの方が多い関数かもしれません。

例えばVLOOKUPの取得データ位置の指定なんかにも使えます。

「検索データとマッチするデータの場所」を調べる関数として、覚えておくと

「MATCHがここで使えるかな?」

なんて時が現れるかもしれませんよ!