lisz-works

技術と興味の集合体

Excel 時間計算に使える!時間表示と数値表示

【スポンサーリンク】

Excel

作業時間やら、勤務時間やらを計算しなくてはいけないことが、最近よく発生していました。

そのたびに思うのです。

「Excelの時間計算、めっちゃ忘れる」

ということで、基本的なところを書き記します。

時間形式(8:30)⇔数値形式(8.5)の相互変換

はじめにまとめ的なものを。

時間形式と数値形式を変換したい場合

時間形式と数値形式を相互変換

  1. 数値形式 = 時間形式 * 24
  2. 時間形式 = 数値形式 / 24

で変換することができます。

時間形式はなんなのか?→シリアル値

時間形式の中身は「シリアル値」という値になります。

シリアル値とは「Excel内で取り扱ってる時間の値」ですね。

どんな値なのかというと

シリアル値 = 24時間を1としたもの

なので

1(シリアル値) = 24時間

となります。

この概念を元に計算すれば、数値にしようとしても対応することができます。

値と書式と値

入力した値に対して、書式を変えることで

  1. 時刻表示
  2. シリアル表示

の2種類を確認します。

普段「1:00」とか時刻表示されているものは、書式が「h:mm」のようになっています。

この書式を「標準」にするとシリアル値「0.354166666666667」のように表示されます。

1/24なのでこんな値ですね。

それぞれの時間表示と、計算で求めたシリアル値が同じであることを確認してみましょう。

1時間

書式 1h
1:00 時刻(h:mm) 1:00
1:00 シリアル 0.041667
=1/24 時刻(h:mm) 1:00
=1/24 シリアル 0.041667

30分

書式 30分
1:00 時刻(h:mm) 0:30
1:00 シリアル 0.020833
=1/24/2 時刻(h:mm) 0:30
=1/24/2 シリアル 0.020833

参考

コチラを参考にしました。ありがとうございました!

www.hello-pc.net

あとがき

Excelでの時間表示と数値表示についてでした!

これらを1度ちゃんと覚えてから、時間計算がかなり楽になりました。

この記事などを見ながらでも、何度かやっていれば、時間計算が簡単になると思います!

良ければ参考にしてみてください!