lisz-works

技術と興味の集合体

100均スタイラスペン ダイソーとCANDOを比較!

【スポンサーリンク】

パッケージ

ネットで「CANDOのスタイラスペンがヤバイ!」記事を見かけたlis。

ということでCANDOのスタイラスペンを購入……!

しかし!数日後、ダイソーでもスタイラスペンを発見!

ということで比較してみました!

パッケージと価格

こんな感じのパッケージで陳列されています。

パッケージ

ダイソーもCANDO、どっちも100円です。

見た目

ダイソーもCANDOも、ボールペンとスタイラスペンが付いています。

見た目

ダイソーは、クリップが付いているのに対し、CANDOはフラットな作りとなっています。

机に置いていると転がってしまうので、それを抑止できるダイソーのは使い勝手がいいですね。

ボールペン

ボールペンは、一般的な0.5と同じくらいなサイズだと思います。

ボールペン

書き味などは、まぁ普通のボールペンですねーって感じです。

謎のインク漏れ

CANDOはなぜかボールペンのインク漏れがすごいことになっていた。

インク漏れ

ぼくは別々の場所で使いたくて、当初2本このペンを買いました。
しかし1本壊されてしまい、もう1本購入しなおしました。

なので、なんだかんだ計3本このスタイラスペンを買いました……
が、その2/3本がインク漏れという悲惨な状態でした……

ウェットティッシュで拭いたら、普通に使えました……がそこまでして必要?って感じですね……

インク漏れを処理

スタイラスペンの形状

スタイラスペンは、どちらもディスク型スタイラスペンです。

スタイラスペン

見た目に特に違いはありません。

ただしキャップのタイプが違って、

  • ダイソー: 引っ張れば抜けるキャップ
  • CANDO: ネジ式のキャップ

となっています。

「あ、描きたい!」ってなったときに、CANDOのネジ式は微妙に面倒なので、書き出しに一歩出遅れる感じはありますね。

ネジはちょっと面倒……

スタイラスペンの書き味

メイン機 Xperia XZ Premiumのスケッチアプリで試してみました。

スケッチ

スケッチ

Sony Mobile Communicationsposted withアプリーチ

それぞれこんな感じで試し書きをしました。

試し書き

普通になめらかな線が掻けています。

意外と良さげかも?って思うレベルのものでした。

「ディスク型ってどうなのよ」

って思っていましたが、設置させてから書いている間は、ディスクのおかげでかなり安定して掻けます!

しかし欠点としては、ペンを離したあと、次の着地が見づらいです。

なので「線を描く→端から次の線を描く」としたいときに、「ズレた!!」とかなりがちでした。

画面フィルムとスタイラスペン

ちなみにスタイラスペンとフィルムの関係をネットで見ていると、ものによって相性が悪いとマトモに掻けない……なんてことがあるようです。

ぼくのXperiaは、それなりには大丈夫そうでした。

とはいえ、たまに少し突っかかる感があるので、素晴らしく賭けるか!?と言われると微妙なところ……

ちなみにフィルムはシュピーゲンのものを使っています。

結果

この2点の比較結果としては

スタイラスペンとしては、どっちもそんなに変わらない

でした(笑)

ただし「ダイソーかCANDOか、どちらかを選べ」と言われたら

  • クリップがあって転がらない
  • ペンのインク漏れがないと思われる(俺だけ?)
  • キャップがネジ式でなく扱いやすい

などの理由で、ダイソーの方がオススメです!

正直インクはともかく、クリップとキャップは楽ちんさとしてはかなり大きい!

あとがき

ダイソーとCANDOのスタイラスペン比較でした!

あくまで100円なので

「試しに使ってみたい」

という人にはいい感じの商品ではあります。

とはいえ、もっといいヤツと比べてどうなんだろう……という疑問もありつつなので、後々試せたらなーと思います!

ちゃんとしたスタイラスペンが気になる!
という方は、こういうのを買えばいいかもしれません。