lisz-works

技術と興味の集合体

KEENのサンダル「UNEEK」で、風を感じ、靴の安定性を手に入れよう!

【スポンサーリンク】

KEENのサンダル UNEEK

今夏、超快適なKEENのサンダル 「UNEEK」手に入れました!

サンダルのように風を感じて、靴のように安定して動ける。

そんなハイパー快適サンダルのご紹介です!

これがKEENのサンダル「UNEEK」だ!

これがKEEN UNEEKだ!

オープンエアースニーカーと銘打った、サンダルとスニーカーの間の子な代物です!

なので、端的に言うとサンダルとスニーカーのいいとこ取りです。

KEEN UNEEKを買ってよかったポイント

実際に履いてみて「よかった!」と思ったポイントです!

  1. カカトのストラップで安定性・機動力◎
  2. ソールもしっかりしている
  3. 想像以上に快適

カカトのストラップで安定性・機動力◎

KEEN UNEEKは、カカトにストラップのあるタイプです。

カカトのストラップ

シリーズによっては、ストラップがないものもあるのですが、ぼくはある方が好きなので、KEEN UNEEKをチョイスしました。

この選択は間違ってなかったと自負しています。

安定性がめっちゃいい!

だから走るのも楽勝!

ソールもしっかりしている

カカトのストラップのお陰で、安定性があり、走るの楽勝……

と前述しましたが、KEEN UNEEKは更にソールもしっかりしています。

まず裏面がしっかり溝がありでグリップ力があります。

ソール裏面

安物サンダルは、この辺が適当だったり、溝なしだったりします。

そしてソールに厚さがあります。。

ソール横

適当なサンダルを買うと、ソールが薄くないですか?

「涼しさは快適だけど、長時間歩くと疲れる……」

しかしKEEN UNEEKは、ソールがスニーカーみたいなので、歩くのも楽勝です。

「走るのも楽勝!」を後押しする快適性!

想像以上に快適

KEEN UNEEKは、厳密にはサンダルではなく「オープンエアースニーカー」と銘打っています。

その名の通り、靴なのに外に解き放たれている感じです。

サンダルのような開放感 + スニーカーのようなは着心地と動きやすさを備えています。

KEEN UNEEKのココがイマイチ

履いてみて「ムムム?」と感じたポイントです。

  1. 靴下を履く場合、少し履きづらい
  2. 裸足の場合、足裏の汗が気になる

靴下を履く場合、少し履きづらい

普段サンダルに靴下は履かない派ですが、「試しに……」と思い、履いてみました。

正直なところ、ストラップのせいで、靴下がズリ上がり、履くのに苦労しました……

もしかしたら、この手のストラップ付きサンダルに慣れている人は、らくらく履けるのかも知れませんが、ハイパービギナーなぼくとしては難度が高かったです……

裸足の場合、足裏の汗が気になる

普通のスニーカーのように、基本的にソール以外は汗を吸う素材です。

なので足の裏に汗をかいたとき、最初の頃は気になりました。

結局、「ま、サンダルだし」という心持ちの変化で適応しましたが……

ネットを見てると、「臭いが気になる」とか「臭くなる」とか書かれていたりします。

これはほぼほぼ汗のせいであろうと思います。

とはいえ、快適性を考えたら、裸足が大勝利です。

定期的に洗うか、ファブリーズなどの、除菌・消臭系のグッズで回避すれば良いと思います。

今年初購入なので、この辺の実験がまだできていません……

どこで売ってるの?

ぼくはAmazonで購入しました!

普通のショッピングサイトで、普通に売っています。

また実店舗でも売っているので

  1. ABCマートなど、靴のチェーン店
  2. アウトドア関連のお店

などに置いてありました。

セレクトショップ等にもあるかもしれません。

サイズ

普段スニーカーなどは、26cmのものを購入しています。

KEEN UNEEKでも、同じサイズのもので、問題なく履けました。

購入したのは、このようなサイズ表記のものです。

US UK CM EU
8 7 26 40.5

あとがき

KEENのサンダル「UNEEK」のご紹介でした!

「今年の夏の快適度は一味違うぜ……」

と、秋を間近ですが、未だほくそ笑んでおります(笑)

気になったら是非、試着や購入をしてみることをオススメします!