lisz-works

技術と興味の集合体

SMARTalk常駐してない→Taskerで解決

【スポンサーリンク】

f:id:liszworks:20170408162007p:plain

通話SIMがなくても電話できるアプリ「SMARTalk」。

安くて便利なのですが……

「気づいたらSMARTalkが常駐していない……」

この間に着信が来ていたら取れないんじゃないか?という不安を解消すべく、対策を打ってみました。

SMARTalkとは?

いわゆるIP電話ができるアプリです。

クレジットカードを登録すれば、データ回線のあるスマホなら、普通に電話する事ができます。

登録すると、050番号が手に入るので、この番号でSMARTalkを介して発着信ができます。

ただし050なので、フリーダイヤルや110/119のような緊急系の番号には発信できないという制約があります。

SMARTalk -スマホの通話料をトコトン安くする-

SMARTalk -スマホの通話料をトコトン安くする-

Rakuten Communications Corp.無料posted withアプリーチ

使ったアプリ

今回は「Tasker」というアプリを使いました。

Tasker

Tasker

joaomgcd¥399posted withアプリーチ

Taskerは「ある条件のときに」、「ある動作を自動でやってもらう」という設定を作り、Androidに自動で動いてもらうためのアプリです。

今回のこと以外にも、使いこなせば便利に使えるのでオススメです!

タスクの作成

このような内容のタスクを作ります。

タスクの作成

  1. Launch App→SMARTalk
  2. Go Home→Page 0

Launch App→SMARTalk

これはアプリを起動するためのものです。

なので単純にSMARTalkを指定すると、SMARTalkのアプリが起動します。

Go Home→Page 0

これはホーム画面に画面を切り替えることができます。

ホームボタンを押すのと同じような感じですね。

ホームボタンとの違いは、「どのページに移動するか?」が指定できるところです。

ホームボタンと同じ位置にしたければ、「0」を指定しておけばOKです。

プロファイルの作成

まずはプロファイルを作ります。

ぼくは朝7:00になったらタスクを実行するプロファイルを作りました。

時間で動作するプロファイルを作る

右下の「+」ボタン→「Time」を選択。

追加ボタン

Time

設定画面が表示されるので、

  • FROM : このプロファイルを実行する時刻を設定
  • TO : このプロファイルを終了する時刻を設定

を設定します。

開始/終了時間を設定

バックキーか左上の矢印ボタンで完了します。

タスクを設定する

戻ると右上にタスク一覧が表示されます。

タスクを設定する

事前に作っておいたタスクを選択すればOKです!

これで完了です!

必要に応じて、プロファイルのリネーム(わかりやすくするため)など、細かい箇所の設定をすると管理しやすいです。

導入してみてどうだったか?

常駐していたアプリを復活させるのに、1番単純な方法が「アプリを起動させること」でした。

なので朝にこのタスクを実行してあげることで、ぼくの環境では1日常駐から消えることはありませんでした!

これで知らぬ間に常駐から消えてて、「その間に着信が来てたらどうしよう……」とか不安を抱えずに済むようになりました!

あとがき

SMARTalkの常駐が消えちゃうのを、Taskerで解決する方法でした!

設定して数週間経ちますが、今の所うまくいっています。

ぼくと同じように

「気づいたらSMARTalkが常駐していない……」

というような状況に困っているかたは、是非試してみてください!

Taskerは発想次第で、他のことにも色々使えるので、Tasker自体も遊んでみるといいと思います!

Tasker

Tasker

joaomgcd¥399posted withアプリーチ