lisz-works

技術と興味の集合体

Tablacus Explorer 現在フォルダをコマンドプロンプトで開くショートカットを設定する

【スポンサーリンク】

Tablacus Explorer

ファイラーをいじっていると

「これコマンド叩いたほうが早くね」

と思うときありませんか?

例えば、ある拡張子を全て消すとか。

ということで、Tablacus Explorerで素早くコマンドプロンプトにアクセスすべく……

現在フォルダをコマンドプロンプトで開くショートカットの設定してみました!

Tablacus Explorerについて

色々カスタムできるファイラー(Windowsでいうエクスプローラ)です。

www.lisz-works.com

タブやアドオン、ショートカットやスクリプト実行まで、多様なカスタマイズが可能で、便利なファイラーです。

わかったこと

Tablacusで使えるJScriptVBSCriptは、Microsoftが公式で出している、javascriptのようなスクリプト言語。

コレを使うと、WidnowsやWidnows内のアプリ等をスクリプトで操作したりできるみたい。

このスクリプトはスクリプトで今度いじくってみたい……

ショートカットを設定

ショートカットを設定する方法です。

今回は

  1. ファイル一覧(いわゆるエクスプローラのメイン部分)で
  2. Ctrl+Shift+C を押すと
  3. コマンドプロンプトが
  4. 開いているフォルダをカレントフォルダの状態で開く

というものを作っていきます。

「ボタンとかでショートカットにしたい!」

という場合は、適宜設定してください。

設定画面を開く

メニューから「ツール→アドオン」を選択。

ツール→アドオン

「キー」の「オプション」を選択。

キーのオプションを選択

サイドメニューの「アドオン」内に「キー」が追加されているので選択。

アドオンのメニューからキーを選択

これでキーボードショートカット作成の設定画面が表示されます。

キーボードショートカットの作成

次のように設定します。

まず上部のリストメニューから「一覧」を選択。
これが「エクスプローラ部分で」という扱いになります。

対象を「一覧」に変更

あとはこのように設定します。

ショートカットを設定

  1. ショートカットキーの設定
    1. 「入力ボタン」から、対象のキー入力をしたほうが手っ取り早い
    2. 今回の場合、「入力ボタン→Ctrl+Shift+Cを押す→OKボタン」
  2. タイプを「JScript」に変更
  3. オプション欄にスクリプトを書く(後述)
  4. 追加ボタンを押す

オプション欄に書くスクリプトはコチラ。

var FV = GetFolderView(Ctrl, pt);
var currDir = api.GetDisplayNameOf(FV, SHGDN_FORPARSING);
var shell = new ActiveXObject("WScript.Shell");
var cmd = 'cmd /c start cmd /k "title cmd  && cd ' + currDir + '"'
shell.Exec(cmd);

動作確認

適当なフォルダを開いて、「Ctrl+Shift+C」を押してみると……

開いているフォルダでコマンドプロンプトが開く

ちゃんと開きました。

これでいつでもコマンドプロンプトにアクセスできます!

参考

コチラを参考にしました。ありがとうございました!

tablacus.hatenablog.com jscript.zouri.jp kujirahand.com docs.microsoft.com blog.it-see.net

あとがき

Tablacus Explorerで、現在フォルダをコマンドプロンプトで開くショートカットの設定方法でした!

今回のでTablacusをもっとカスタムしたいなぁと思いはじめました。

とはいえ、Tablacus内の変数(クラス?)が、いまいちよくわからない……

なので、やりたいことができるかどうかを、ちょくちょく試してみようかなぁ、くらいに思っています。

また何か作ったらアップします!

www.lisz-works.com