lisz-works

技術と興味の集合体

住民税をネットで簡単支払い!「Yahoo!公金支払い」での納付方法手順

【スポンサーリンク】

トップページ

Yahoo!公金支払い」というサービスをご存知でしょうか?

税金等の支払いを、ネットでできちゃう素晴らしいサービスです!

今回、初めて住民税を、Yahoo!公金支払いで納付してみたので

支払できるもの

支払いができるものは、これだけあります!*1

  1. 自動車税
  2. 軽自動車税
  3. 固定資産税
  4. 住民税
  5. 国民健康保険
  6. 介護保険料
  7. 後期高齢者医療保険
  8. 使用料・利用料
  9. 個人事業税
  10. 不動産取得税
  11. 法人市民税
  12. 事業所税
  13. 市たばこ税
  14. ふるさと納税
  15. 水道料金
  16. NHK放送受信料
  17. ガス料金

今回はこのうち、住民税の納付を行いました。

住民税を支払う!

おおまかな手順はこんな感じ。

ネットショッピングや、会員登録ができるレベルのPCスキルがあれば、できちゃうレベルです!

  1. Yahoo!公金支払いにアクセスする
  2. 支払先(自分の県、市)を選択
  3. 納付番号、確認番号を入力する
  4. 支払情報(クレジットカード、Tポイント)を入力する
  5. 確認して支払い!

まずはアクセス!

Yahoo!公金支払いにアクセスします。

koukin.yahoo.co.jp

トップページ

対象を選択していく

サイドメニューから「住民税」を選択。

サイドメニューから住民税を選択

エリア選択の画面が出てくるので、「県」→「市」の順に選択していきます。

エリアを選択する

すると説明ページが出ます。

説明ページと手数料シミュレーター

説明ページで、支払い額に対してかかる手数料をチェックすることができます。

手数料の確認とシミュレーター

納付金額 手数料(税込)
~10,000円 0円
10,001~20,000円 108円
20,001~30,000円 216円
30,001~40,000円 324円
40,001~50,000円 432円
以降10,000円増える毎 108円ずつ加算

「手数料・注意事項を確認の上、同意する」にチェックして、「お手続きはこちらボタン」を押す。

手続きに進む

Yahooにログインしていない場合、ここでログイン画面が出るので、ログインします。

ログイン

納付の情報を入力

次にこの画面が現れます。

納付番号と確認番号を入力

住民税の納付情報を入力します。

支払い用紙の上部にある

  1. 納付番号
  2. 確認番号

を入力します。

凡例は、コチラに載っています。

koukin.yahoo.co.jp

「どこのどれ?」

という方は、コチラに凡例があるので、チェックしてみてください!

入力が完了したら、下の方にスクロールして「次へボタン」を押します。

次へボタンを押す

入力欄の追加で、複数をまとめて支払いもOK!

「入力欄を追加」を押すと、複数一気に入力することができます。 コンビニのレジで支払うように、まとめてできるのはいいですね!

入力欄を追加してまとめて納付もできる

入力した情報を確認

支払情報の確認が出ます。

納付金額を確認

  1. 納付番号
  2. 確認番号
  3. 納付金額

が正しいことを確認しましょう!

ぼくは支払う予定だった「2期」と「4期」を間違って入力して、超先払いしてしまった!!

ぼくの二の舞にならないように、ちゃんと確認しましょう!!!

支払い確認ページで、Tポイントの利用を選択できます。 貯めたTポイントがあれば、住民税がポイント払いできちゃう!

Tポイントが使える!

確認用メールアドレスと、Yahoo!ウォレットへ登録するかを入力します。

メールアドレスとYahoo!ウォレット登録設定

ぼくはメインで使っているgmailを入力しました。 別にYahooメールじゃなくてもいいみたいです。

Yahooウォレットへの登録をしたくない場合は、チェックを外すのを忘れないようにしましょう。

支払いに使用するクレジットカード情報を入力します。

クレジットカード情報の入力

  1. MasterCard
  2. VISA
  3. JCB
  4. Diners Club(ダイナースクラブ)
  5. AMERICAN EXPRESS(アメリカン・エキスプレス/アメックス)

と、よくあるブランドは一通りある感じです。

最終確認がでます。

納付内容の確認

  1. 対象の住民税情報と金額
  2. ポイント差し引き後の支払額
  3. クレジットカード情報
  4. 確認用メールアドレス
  5. Yahooウォレットへの登録有無

Tポイントを使った場合、「すべての支払金額合計」で、ちゃんとマイナスされます。

Tポイントを使った場合

一通りの確認と、支払いの注意事項を確認したら、「上記に同意します」にチェックして「支払うボタン」を「1回だけ」押します。

同意して支払い

支払い処理が行われます……少し待ちましょう……

支払い処理中

支払い処理が完了したら、最後に今回支払った住民税の情報が出てきます。

支払い完了画面

支払い情報(控え)の印刷

支払い完了画面まで進むと、控えとして画面を印刷することを推められます。
念の為、印刷しておきましょう!

「印刷ボタン」を押します。

印刷ボタン

するとブラウザの印刷画面が出てきます。

Chromeなら、普通に紙で印刷するか、送信先を「PDFに保存」にして、PDFファイルに出力して、「保存ボタン」を押しましょう。
ちなみにぼくはPDFファイルに保存しました。

ブラウザの印刷画面

これで住民税の支払いは完了です!

Yahoo!公金支払いにするメリット

なんと言ってもこの2つですね!

  1. クレジットカードで決済できる→ポイント貯まる
  2. わざわざコンビニに行かなくていい

クレカが使えてポイント貯まる……というのは確かに嬉しいです。

しかしそれ以上に、家で完結するので、不要な外出が減るというのはかなり大きい。

慣れれば時間もかからないだろうし、移動コストも減りますね!

Yahoo!公金支払いにするデメリット

  1. 手数料がかかる
  2. 支払い用紙に、支払い時の印が押されない

手数料がかかるのはちょっと嫌なところですよね……

ただポイントとの差額を考えると、すごく気にする点でもないかなぁとは思います。

「100円すら損したくないんじゃ!」

という方には向いてないかもしれませんね……

また普段からTポイントをためていれば、この辺は無視できちゃうかもですね。

印が押されないのは、支払ったかどうかを判別するようにしておかないと、2重支払いとかしかねないなぁ、と思いました。

2重で支払った場合、申告すればなんとかなったような気がしますが、せっかく楽したのに面倒を増やすのは嫌ですからねぇ……

あとがき

住民税を「Yahoo!公金支払い」で簡単に支払う方法でした!

「時間が手に入る」という何よりのメリットがあるので、手数料はありますが、使ってみて損はないですよ!

是非チェックしてみてください!

*1:2019/09/04 現在