lisz-works

技術と興味の集合体

難聴救済?AUKEY BT-C6でTVをBluetoothイヤホン&TV出力した!

【スポンサーリンク】

AUKEY BT-C6

AUKEY BT-C6というBluetoothトランスミッタを買ってみました!

TVの音をBluetoothで飛ばして、Bluetoothイヤホンで聞けたりしちゃいます!

「耳が少し聞こえづらくて、ついついTVのボリュームが大きくなってしまう……」

なんてお困りの方の救世主になるかも!?

:contents

AUKEY BT-C6とは?

このような2つの機能を備えた機器です。

AUKEY BT-C6

  1. ある機器の音をBluetoothで飛ばす
  2. Bluetoothで受信した音をある機器で出力する

これらは切り替え式で、どちらかしか行えません。

イメージとしてはこんな感じ。

接続イメージ

製品仕様

項目 内容
Bluetooth バージョン BT5.0
対応プロファイル A2DP、AVRCP
テクノロジー aptX、aptX-LL低遅延、AAC、SBC
周波数範囲 2.402GHz -2.480GHz
充電時間 2.5h
連続使用時間 13h
電池のタイプ リチウムポリマーバッテリー (230mAh)
通信距離 最大10m
重量 43g

サイズは結構小さいです。

AUKEY BT-C6のサイズ感は10円3枚分くらい

入っているもの

これらのものが入っています。

入っているもの

  1. 2-in-1ワイヤレストランスミッター& レシーバー
  2. Micro USB充電ケーブル
  3. 3.5mmオーディオケーブル
  4. 3.5mm to RCAオーディオケーブル
  5. TOSLINK光ケーブル
  6. 取扱説明書

ちなみ左上辺りにある、鍵穴マークのカードは、AUKEYの製品にはみんな入っているっぽいです。

厨二心が惹かれるカッコよさです。

用意する必要があるかもしれないもの

AUKEY BT-C6に対して別途用意しないといけないものとしては、USBの電源供給源くらいでしょうか。

うちのTVは、TOSHIBA REGZA 40A1というものですが、「サービス専用」という謎のコネクタから、たまたま給電できたので不要でした。
挿していいものか知りませんが、特に問題は起きていません。

サービス専用

しかし電力供給源となるUSBがない場合は、コンセントを買うか、近くの機器から給電する必要があります。

供給源がない場合は、コンセントにUSBが挿せるよう、こういうものを買いましょう。

特段、他の用途には使わない!というのであれば、このような口数の少ないものの方が安いです。

ただし最近はスマホなどを筆頭に、USBで給電するものもが多くなってきています。

このようにコンセント1つで、たくさんUSBがさせるようなものの方が、色々と役に立ちますよ!

環境

ぼくが試した環境はこんな感じ。

  1. AUKEY BT-C6
  2. TV: TOSHIBA REGZA 40A1
  3. イヤホン:下記参照

イヤホンは、Amazonで見つけた2つを使ってみました。

イヤホン1:耳を塞がない非骨伝導イヤホン

1つ目は、耳に音が飛んでくるニュータイプな中華製イヤホン。

耳を塞がないけど骨伝導ではないタイプのものですね。

思ったよりちゃんと聞こえるし、地味にapt-X対応という。

安価な割にはすごいなぁと思った一品です。

イヤホン2:骨伝導イヤホン

もう1つは中華製の骨伝導イヤホン。

家電量販店でAfterShokzを試してから、骨伝導イヤホンにも結構興味が湧いていました。

ただ中華製の安物で……どうよ?

と思っていたものの、コイツはAmazonの安物骨伝導で唯一apt-Xの記述があり、レビューもいい感じでした。

実験的に買ったものの、ちゃんと使えるしキレイに聞こえました!

安くても最近のものはレベル高いんだなぁ……とちょっと驚きでした。

試してみた

TVによって違いがあると思うので、あくまで1機種でこういう前例があるよ!という提示になってしまうことはご容赦くださいませ。

音声入出力を接続

ぼくの場合、この「音声出力(固定)」というところに挿したら、TVとBluetoothイヤホンの両方に出力されました!

音声出力(固定)

本体へは電源と音声出力の逆側を挿します。

本体への接続

スイッチの設定

スイッチは

スイッチ設定

  1. 左を「AUX」→イヤホンジャック
  2. 右を「TX」→入力した音をBluetoothで飛ばす

に設定します。

配線ができたら後は説明書どおりにペアリングすればOK!

なので

  1. 家族に聞こえる音量でTVから出力
  2. イヤホンの耳元で、大きな音で出力

と2箇所から音が出力できます!

イヤホン自体の音量調節がついているものであれば、更にイヤホンのみの音量上下も可能です。

TVの音量を上げたい場合、同時にイヤホンの音量も上がってしまうので、注意が必要です。

音の遅延(ズレ)はほぼなし!

たまたまやっていた映画で、音のズレを確認しました。

結論としては、全然気にならないレベルです。

TVの横で確認していたときは、TVの音声とイヤホンの音声が両方聞こえてしまっていました。

そうすると、さすがに遅延があるため

  1. TVの音
  2. (若干遅れて)イヤホンの音

といった聞こえ方でした。

なのでTVから離れて、イヤホンしか聞こえない状況にすればもう完璧です。

会話や爆発シーンも、特に違和感を感じることなく視聴することができました!

apt-X対応状況

BT-C6は

  • AAC
  • apt-X
  • apt-X LL

に対応しています。

なので、これらに対応してイヤホンやスピーカーを使うことで低遅延で音を飛ばすことができます。

なのでAUKEY BT-C6用に、イヤホンやスピーカーを購入するのであれば、是非これらのコーデックに対応したものをチョイスしましょう!

もしかしたら、これらのコーデックに対応していないものだと、少し遅延が大きくなってしまうかもしれません。

音楽聞く用途ならいいんですが、TVなど映像作品だとちょっと厳しいかもです……

接続めっちゃ簡単

Bluetooth機器との接続(ペアリング)はラクラクでできちゃいます!

  1. AUKEY BT-C6の真ん中にあるボタンを長押し(3秒くらい)
  2. AUKEY BT-C6のランプが緑で素早く点滅する
  3. 接続したいBluetooth機器をペアリングモードにする
    1. 大概は電源押しっぱなしなことが多いですね
  4. ペアリング完了
    1. AUKEY BT-C6のランプが緑点灯する
    2. Bluetooth機器は大概音声でペアリングした旨アナウンスが入る

たったこれだけ。

主に順番にボタン長押しするだけ!

イマドキなNFCでペアリングとかよりは手順はありますが、かなり簡単な部類ですね!

電源ON/OFFも簡単

電源ON/OFFも長押しのみでOKです。

Bluetoothイヤホンも大体長押しでの電源ON/OFFですよね。

なので使い方レクチャーも難しくありません!

基本アナログな父も、すぐ覚えてくれました。

耳の聞こえづらい家族と同居の方にオススメ!

実際ぼくの父は耳が聞こえづらく、片耳は難聴のような感じらしく、常にノイズが聞こえているような状態です。

父1人の家に帰ると、外からTVの音が聞こえるような音量だった……なんてこともしばしば。

なのでリビングで家族でご飯を食べたりすると、聞こえないので通常より大きな音で流している状況でした。

しかしコレを買ってプレゼントしたところ

  1. 他の家族にはちょうど良い音量
  2. 父はイヤホンで聞こえやすい

ということが実現できました。

ふいな思いつきと実験でプレゼントをしましたが、かなり功を奏してくれました。

同じような悩みで「うるさい!」「聞こえない!」とケンカになる前に、1度お試ししてみてはいかがでしょうか?

AUKEY BT-C6以外のモノの金額次第ではありますが、大体1万円以内か1万円前後くらいで用意できる代物なので!

あとがき

AUKEY BT-C6でTVをBluetoothイヤホン&TV出力した!

今回は聞こえづらい対策として紹介しましたが、冒頭に紹介し使い方を使えば色んなものに応用できます!

例えば

  1. スマホからお気に入りのスピーカーに出力
  2. ゲーム機をBluetoothイヤホンでプレイ
  3. MDプレイヤーなど古い機材をBluetoothで聞く

などなど!

気になった方は是非チェックしてみてください!