lisz-works

技術と興味の集合体

【PR】EaseUS Todo Backup Free レビュー

【スポンサーリンク】

EaseUS Todo Backup Free

Windowsのバックアップソフト EaseUS Todo Backup Freeのレビュー依頼をお受けしたので、レビューをしてみました!

どんなもの?

ざっくりと言うと、バックアップソフトです。

基本説明としては、こんな感じにトピックが挙がっています。

システムバックアップ
アプリケーション、環境設定及びOSを含むシステム全体を、1つの圧縮ファイルにまとめることができます。

ファイルバックアップ
共有ファイルを含めた特定のファイルに関して、フォルダもしくはファイル属性を選択した上で、必要なものだけバックアップすることが可能です。

ディスクイメージ
ブロックレベルで、ディスクイメージを効率的にバックアップすることが可能です。

移行及びクローン
ディスクの換装やアップグレードの際に、迅速かつ安全に、他のSSDやHDDに移行することが可能です。

バックアップファイルの閲覧
復元の直前に、Windows Explorerでイメージファイルの中身を事前に確認することができます。
引用:https://jp.easeus.com/backup-software/free.html

ファイルのバックアップもそうですが、システムのバックアップができるというのが、よくあるバックアップソフトとの違いのような気がします。

ダウンロード

ダウンロードはコチラのページから行います。

jp.easeus.com

「無料ダウンロード」を選択後、メールアドレスを入力してボタンを押せばダウンロードできます。

ダウンロードボタン

インストール

インストーラあるあるな部分は置いといて……

特出した箇所としては、「個人データ保存先の選択」というのがあります。
何かしらのバックアップを行うと、ここで指定したフォルダに、バックアップファイルを生成します。

インストール画面:個人データ保存先の選択

もし「このドライブに出すようにしたい」などあれば、変更しましょう!

あとで設定から変更することもできるので、そのままでもOKです!

ファイルのバックアップ

左のメニューにある、「ファイルをバックアップ」を選択。

メニュー:ファイルをバックアップ

こんな画面が出ます。

ファイルをバックアップ画面

バックアップをしたいフォルダを指定します。

ここで微妙に戸惑ったのが、左右にある「フォルダツリー」と「ファイル/フォルダ表示」の各枠の役割。

ファイルをバックアップ画面

  • 左のフォルダツリー: 対象ファイル/フォルダのあるトコロへ移動
  • 右のファイル/フォルダ表示: バックアップ対象をチェック

という役割になっています。

右枠のフォルダをダブルクリックとかしても、フォルダの中には入れません……
ともあれ、対象のファル/フォルダを選択します。

今回はフォルダを選択してみました。

バックアップするフォルダを選択

少し待ちます……

バックアップ完了待ち

すると「~.pbd」というバックアップ用のファイルが作られます。

バックアップファイルについて

バックアップをすると「Todo Backup用のバックアップファイル」が作られます。
それを作る処理があるため、多少時間がかかるようです。

ちなみにデータは4KBでした。

バックアップファイル

体感で16秒程度。これは変更なしでもう1度やっても同じでした。

バックアップするたびに、このファイルが生成されます。
なので毎回、このような時間がかかるようですね。

またファイルの変化を検出してバックアップを取るわけでなく、バックアップが実行されるたびに対象をフルバックアップします。

なので

  • 簡単にフルバックアップしたい
  • NASの内容を定期的にフルバックアップしたい

みたいなときにいい感じかもしれません!

バックアップ用ファイルのサイズ

ちなみにバックアップファイルのファイルサイズは、バックアップするファイル数に依存するっぽいです。

  1. 合計約2KB分の2ファイル
  2. 合計約2KB分の1000ファイル

という2つのパターンで試してみました。

結果として、1ファイルよりも、複数ファイルの方が、サイズが結構大きくなることがわかりました。

バックアップサイズ結果

  1. 2ファイル: 4KB
  2. 1000ファイル: 228KB

管理するファイルが多くなるので、当たり前といえば当たり前かもしれませんが。

バックアップ対象の変更

バックアップ対象の変更は、「その他/プラン編集」から行えます。

プラン変更

対象のファイル・フォルダを追加したり、やめたりできます。

メリット

使ったりしてみて感じたメリットです。

  1. 特定の複数ファイル/フォルダを、まとめてバックアップできる
  2. バックアップしたものは、任意のタイミングやスケジュール設定で、同じ対象をバックアップできる
  3. バックアップしたものは好きなタイミングで復元できる
  4. ファイルだけでなく、システムやパーティション単位でもバックアップができる

特定のものを定期的にバックアップしたいときに、メリットが大きいんじゃないでしょうか。

またシステムのバックアップも強みだと思います。
「何かあったときのために」のバックアップですね。

デメリット

使ったりしてみて感じたデメリットです。

  1. バックアップのたびに、バックアップファイルが作られる為、回数分要領は食う
  2. 復元時に対象ファイルが残ってる状態だと怒られる(復元失敗)
  3. 極小さいサイズのファイルでも、バックアップファイル作成のために、多少時間がかかる

バックアップファイル作成で多少が時間がかかる件は、管理用データも含めての生成となるためだと思われます。
まぁそもそも、合計サイズが小さいものとかに対して、あまり使わないかもしれませんが。

あとがき

ということで、バックアップソフト EaseUS Todo Backup Free

今回はファイルのバックアップのみ試しましたが、システムやパーティションもバックアップ可能なので、こういうバックアップが、いざというときに役立つかもしれませんね!

ちなみにぼくがシステムのバックアップをしてみたら

  • だいたい1時間40分程度かかった
  • 309GBのバックアップファイルが作成された

ファイルは意外と重たいですが、思っていた以上に早く完了したなと思っています。

有償版である、「Todo Backup Home」では、「バックアップ速度が早い」らしいので、もっと短時間でバックアップ可能ということでしょうか?

このソフトが気になった方、こちらからお試しくださいませ!

jp.easeus.com